【気持ちよさを最大限に】オーバーヘッドシャワーの爽快感と設置時の注意点



オーバーヘッドシャワーというシャワーヘッドがあります。

オーバーヘッドシャワー1_[0].jpg


 

 

平たい円盤の様な形をした大口径のシャワーヘッドで、
天井近辺に取り付ける形で使用します。

レインダンスというような名称でも呼ばれている様です。

このオーバーヘッドシャワー、ハワイに旅行に行った際に
贅沢をして泊まったペントハウスに設置されていたんですが、
何ともいえない爽快感を得られるシャワーです。

ダイヤモンドオーバーヘッド.jpg


 

 

使用感を言葉で表すのは結構難しいんですが、強いて言葉で
表すならば
「水の塊に包まれている」
様な感じ。


オーバーヘッドシャワー4_[0].jpg




緩い滝にあたっている様な、全身で流れ落ちる水を
感じ取れる様な、”レインダンス”という名称もしっくりとくる、
えも言われない感じです。

で、結局日本に帰ってから自宅の浴室にも設置しました。
うちはINAXでもXSITEというラインナップで取り扱っている、
ドイツの水洗金具メーカHANSAのDESIGNOというシリーズの
シャワーヘッドを使っていますが、他にもHansgroheとかでも
出しているみたいで、こちらの方は大きさ違いなど、いくつかの
ラインナップをもっている様です。

このタイプのシャワーヘッドを設置する際に、一つだけ気を
つけないといけないことがあります。

多分、日本ではこのシャワーヘッドの施工をしたことが無い
工務店さんの方が多いと思うので、油断すると失敗されて
しまうことが有ると思うので、施主さんが気をつける必要が
あります。


その注意点とは何かというと、
ズバリ、「設置する場所」です。

このシャワーは、下からパイプで持ち上げている形状、又は
天井に固定する形状のどちらかなので、設置場所イコール
シャワーを浴びる場所、ということになります。
後からは場所の変更はできません。

施工時にちょっとしたパイプ部の改造等、無理が
利きそうならば、パイプを延長して浴室の中心部近くに
シャワーヘッドがくる様に設置するのが、この爽快感を
最大にする方法では無いかと、個人的には思います。

で、特に改造をしなくても、実際のところ壁から4、50cmも
離れていれば、特に問題は無いんですが、浴室内にシャンプーなどを
おける様な棚状のものを作る場合には、要注意です。


浴室棚1_[0].jpg


 

この棚のある壁面側にこのオーバーヘッドシャワーを
設置してしまうと、人が立てる場所は棚の分だけ壁から離れて
しまいますので、体がシャワーヘッドの中心部からその分
はずれてしまう訳です。

棚の幅が20cmもあれば、シャワーヘッドの中心部は
棚からわずか2、30cmの場所に来てしまいます。
シャワーの中心で気持ちよく浴びるためには、かなり棚の近くに
立たなければいけなくなってしまう、ということです。

せっかくの「水の塊に包まれる爽快感」が得られる設備が、
棚に張り付くようにして使う設備になってしまうわけです。

これはかなり残念だと思いますね。

使ってみないとわからないですが、このシャワーヘッドは
導入する価値のある設備の一つだと信じています。

平日の仕事前のシャワー、夜のシャワー、休日のお出かけ前の
シャワー、どんなタイミングのシャワーでも、今までよりもさらに
気持ちが良いシャワータイムが得られると思います。

そして、導入時にはその設置場所をちょっとだけケアしましょう。

ちなみに価格は、INAXのサイトでは通常のハンドシャワーと
パイプなどを含めたオールインワンセットで定価30万円弱の様です。

通常のシャワー設備が10万円前後であることを考えると
やはりそれなりの費用増になってしまいますが、風呂、シャワーが
好きな方であれば、この価格差を補って余りある機能を
持っていると思います。

INAXのサイトでは30万円前後の表示価格になっていますが、
このサイト内でpdfダウンロードできる僕の家の見積もりファイル
確認したところ、実績的には定価25万円、提供価格20万円強、
という感じでした。(型番は同じBF-HA-40100/PCでした。)

この価格差がどこから出ているのかはわかりませんが、
価格折衝をしっかりやれば、実勢価格的には20万円程度で何とか
なるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>