見えない本棚の作り方



こちらの本棚が「見えない本棚」に見えるかどうかはあなたの気持ち次第、という気もしますが。

ちょっと面白いな、と思ったのでご紹介させて頂きました。
僕の様な性格がよじくれた人間だと、写真を見た瞬間に、「一番下の辞書が本棚になってるんでしょ」とかつまらないことを思ってしまって、全然面白くもなんともありません。
そうです、僕はつまらない人間なんです…。
で、実際にも、一番下の辞書が本棚になってまして、それはその通りではあるんですが…。
でも、辞書の下に「見えない本棚がある」と思ってから見ると、確かにそこに見えない本棚が見えてくる(なんのこっちゃ)気がします。
この本棚、実は相当簡単な造りをしてます。
作り方はこんな感じです(本の背表紙が手前に来ます。本の表裏の向きはどちらでもOKですが、作り方説明の便宜上、本の表表紙を下にする想定で説明します)。
1)要らないハードカバーの本を一冊用意する。
この本は、棚板になるので、大きめで、できるだけしっかりとしたものを選んだ方が良いです。
2)L字ブラケットを用意する。
ブラケットの「棚板側」の長さが、棚板になる本の奥行きよりも少しだけ短いものを用意します(この部分に本が乗っている形になるので)。数量は1つにした方が、作るのも簡単ですし、出来上がりも良いです。ちなみに、ブラケットの「壁に固定する側」は、棚板の下側に出るのでは無く、棚板の上側に出る形になります(つまり、実はこの本棚の上に載っている本をどけると、そこにブラケットが観えてしまうわけですが…)。
3)本の表紙(ハードカバー部)を開く。
本の表表側が上、本の背表紙が奥になる様に本を横向きに置いて、紙のページ部分の一番前のページを開きます。
4)紙のページ部分にブラケットが収まるように、紙のページを切り取る。
ブラケットの「棚板を支える部分」を一番最初のページにあてがって、ブラケットが丁度埋まるように、ブラケットの形に合わせて紙のページを何枚か切り取ります(例えば、ブラケットの厚みが5mmなら、5mm分のページを切り取って、紙のページにブラケットが収まるスペースを作ります)。
5)ハードカバーの一部を切り取る。
4)でブラケットの「棚板側」部分が本に収まるように紙のページを切り取りましたが、今度はブラケットの「壁側」部分と、ハードカバーのヘリ(背表紙と逆側)がぶつかる部分を切り取ります(こうすることで、本が壁にぴったりと密着できるようになります)。
6)紙のページをネジ止めする。
1ページ目から最終ページ近くまでをネジで留めてしまいます。本自体はブラケットの上に乗っている形になりますので、基本的にはページが開いてしまうことは無いのですが、しっかりと留めておいたほうが、棚としてのシッカリ感がでます。
7)表表紙と1ページ目をボンドで接着する。
ブラケットを挟み込んだページにボンドを塗りたくって、この部分が開かない様にします。
8)ブラケットを壁に固定する。
9)棚の上に本を載せる(本を載せないと、壁に取り付けたブラケットが見えてしまいますので…)。
以上です。
作り方を文で書くと一瞬面倒くさそうですが、実際にやってみたら30分位でできると思いますよ。
Photo ©P5ychoP3nguin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>