丘の中腹に建つ外部に開かれたリノベーションハウス



こちらのお家、周囲を取り巻く環境と、家の随所に施された外部へとつながる「開口部」の組み合わせが素晴らしいなと思いまして、ちょっとご紹介をさせて頂きたいなと。
どんなところが「外部に開かれて」いるか、と言いますと、例えば2階のリビング脇のテラスはこんな感じになってます。
リビングとテラスの間は全面開口型ガラススライドドアになってまして、スライドドアからウッドデッキのテラスに出ると、丘の中腹に建つ家の周りの森が、まるで自宅の庭の様にすぐそこに広がっています。
ロケーションはアメリカ西海岸、ロサンゼルスの北西に位置するノースリッジの郊外でして、オーナーは実は、『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』の撮影監督を務めたクラウディオ・ミランダ氏なんです。
アメリカ東部の長閑な街、ケンタッキー州とインディアナ州の州境に近いマウントワシントンで育ったミランダ氏は、この家と周囲の環境の持つ素朴な雰囲気に惹かれて、通りから玄関まで実に60段もの階段を上る必要があるこの家を25万7千ドル(≒1ドル80円換算で2千56万円)で購入しました。
購入時期は1994年のノースリッジ地震の後だそうです。
アメリカの不動産相場にあまり詳しく無いのですが、郊外とはいえ、カリフォルニアでこの広さの家がこの価格というのはかなりリーズナブルだと思います。
そこら辺には、やはり大規模な地震の直後というのが影響していたんですかね。
この家、ミランダ氏が購入した頃にはまだまだこんな感じでは無かったんだそうで。
ミランダ氏曰く、”It was a Mediterranean mutt falling down its steep hillside.”、意訳:『急峻な丘の中腹に転がり落ちた野良ポテンゴ犬の様な』お家だったそうです(翻訳にちょっと自信が無いんですが、”mutt”というのは『雑種犬』とか『野良犬』の様な意味で、”Mediterranean”というのは『地中海』とか『陸に取り囲まれた』という様な意味です。この”Mediterranean”の訳が中々苦しく、最初『森の中の』という様な意味で訳すべきかな、と思ったんですが、地中海原産の犬に『ポテンゴ』という猟犬がいまして、そこら辺から『地中海の雑種犬=野良ポテンゴ犬』、つまり、『血筋は良い野良犬』みたいな意味かな、と…。違ったらすいません…。ニュアンス的には大きく外れては無いと思うんですけど)。
ミランダ氏は、この家を手に入れて実際に住みながら、家にゆっくりと手を入れていきます。
まず手始めは2001年、サンタモニカの建築事務所”Minarc”に、2つあるバスルームの内の1つ、2階にある窓の無いバスルームのリノベーションを依頼しました。
依頼を受けた建築家さんは、バスルームの壁はほぼそのままにして、天井を改造するアイディアで対応します。
屋根取り壊して壁の上部に明かり取りの窓を付け、更に天井にも天窓をはめ込んだんだそうです。
窓が無く、薄暗くて息の詰まるような空間だったバスルームが、光にあふれる開放感のある空間に生まれ変わっています。

天井は元の状態よりも1.2mも上に持ち上げられているそうです。
このバスルームでシャワーを浴びたら、太陽の下で水浴びをしている様な爽快な気持ちになれそうですよね。
このセンス溢れる素晴らしいバスルームの出来栄えをみて、ミランダ氏は建築家さんにもう一つのバスルームのリノベーションも依頼します。
もう一つのバスルームは、マスターバスルームにも関わらず、ウォークインクローゼットを通らないと入れないバスルームだったんだそうで…。
このお家、今でこそ非の打ち所のない素晴らしいお家に仕上がってますが、リノベーション前は相当問題のあるお家だったっぽいです…。
で、建築家さんは、その「マズい」バスルームを大胆に改造します。
クローゼットを潰してバスルームを拡張し、バスルームの躯体に面する壁を取り払って、ガラスのスライドドアに置き換えます。
スライドドアを開けると、家の周りを取り囲む森が目近に広がっているという、「まるでアウトドア」なお風呂。
1つ目のサブバスルームの光溢れる感じとはまた違った、落ち着いた雰囲気のあるバスルームに仕上がっていて、こちらも相当良い感じです。
こんな感じの2つのバスルームを、その日の気分で使い分けることができたら最高だと思います。
この2つのバスルームのリノベーションに満足したミランダ氏は、この建築家さんに家全体のリノベーションを頼むことにしたんだそうです。
そこから先のリノベーション内容はこんな感じです。
最初にご紹介したリビング脇のテラスを作り、寝室の脇にも広く大きなルーフテラスを作りました。
寝室脇のウッドデッキ、良いですよね。
夜寝る前も朝起きた後も、このテラスに出てちょっとのんびりお酒を飲んだり新聞を読んだりしたら、それだけで日々の生活に相当な潤いをもたらしてくれそうです。
壁をガラスのスライドドアに置き換えたのは、テラスやお風呂場の様な外に出られる場所だけじゃありません。
色々な場所の壁をスライドドアに置き換えて柵を取り付け、いつでも全開放にして、室内に居ながらにして周囲を取り囲む自然を感じ取れるようにもしてあります。
その他にも、大々的且つ抜本的にリノベーションを行ったそうです。
1階フロアのほとんどの壁を取り払って大きな1つの空間に作り直したり、建物の外装を、できる限り環境に与える影響が少なく、且つ、耐久性のある素材である、セメントにリサイクル繊維を加えたコンクリートパネルを用いて修復したりもしています。
ちなみに、このコンクリートパネルを用いた別の理由として、「従来のコンクリートパネルよりも軽量である」ということもあったんだそうです。
「丘の中腹」への建材の荷揚げ、という実用面でのメリットも考慮して、軽量なものを選定してくれたそうで。
ここまで考えてやってもらうと、施主冥利に尽きると言いますか、既にリノベーションの範囲を超え、新規施工設計のレベルをも超えている様な…。
このお家、ホントに素晴らしいと思うんですが、家の全般に共通するキーワードとしては、タイトルにも入れさせていただいた「外部に開かれた」部分になってくるのかな、と。
そして、郊外の丘の中腹という立地だからこそ、この様に外に向けて開かれた家を思うがままに作れるわけです。
そういった意味では、ロケーションとニーズの整合性がベースになっているわけで、そもそもの土台としては「ここに家を」と考えたミランダ氏のセンスありきなんでしょう。
で、その意向を受けてリノベーションを担当した建築家さんのお仕事もコレまた素晴らしく、周囲の環境の良さをふんだんに取り入れた、周囲の環境と共生する非常に秀逸な家として仕上がっていると思います。
このお家、1つのリノベーションのケーススタディとしてみてみると、リノベーションの過程、その結果としての家の仕上がり、どちらも素晴らしいと思います。
ですが、原文記事を読み込んでいって思ったんですが、双方の素晴らしさの中でも、リノベーションの過程の方に、より興味深く感じさせられる部分がありましたね。
施主であるミランダ氏は著名な撮影監督です。
著名な撮影監督というと、「溢れ出るような自身のアイディアを基に建築事務所にリノベーションを依頼」してしまいそうなイメージがありますが、ミランダ氏は、建築家さんの仕事を見極めつつ、じっくりと時間をかけてリノベーションを進めています。
自身の意向を伝えつつも、建築家さんに対して、自分のアイディアでリノベーションを遂行する「手足」としての役割を求めるわけでは無く、あくまで、施主の意向を汲み取って自分なりのアイディアを出し、それを遂行してくれる「パートナー」としての役割を求めています。
これってとても重要なことだと思うんです。
建築家さんに仕事を依頼する以上、先方を尊重しなければ当然その人の良さは引き出せないわけで、「その人のセンスに任せる」ことが必要なわけです。
しかし、例え優れた建築家さんであっても、自身のニーズや好みと合わなければ満足の行く結果は中々得られないでしょうし、そういった意味では、実際に自分の家に対してどのようなアイディアを出してくれるかを実際にみてみる、というステップが必要です。
そのステップを踏んだ上でこそ、「任せる」ということができるようになるわけです。
建築家さんに2つのバスルームのリノベーションを依頼することで、ミランダ氏は自身の先方への「信任」を試し、信任に値すると判断した上で、自らのアイディアを前面に出すのではなく、建築家さんのアイディアでリノベーションを進めてもらいます。
時間もかかりますし、コレは中々できることでは無いと思います。
当然新築ではこういった方法を取るのは難しいですし、こういったことができるのもリノベーションならでなんですが、何よりも、ミランダ氏の取った手順が、建築分野のみに限らず、人に何らかの創作活動を依頼する手順として非常に秀逸だったのかな、と。
秀逸な施主と秀逸な建築家さんが秀逸な手順を踏んで、焦らず、じっくりと時間をかけて行ったリノベーション、という、リノベーションのお手本の様な物件だと思います。
ちなみにこのお家、総リノベーション費用は取材時の2009年段階で既に50万ドルに上り、そしてリノベーションはまだまだ終わっていないんだそうで、庭に3階建てのプールハウスやスタジオの建築計画も策定中とのこと。
ホントに、「時間をかけてじっくりとやる」のお手本の様なリノベーションです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>