【何となく和風】街中の夜空を独占するルーフデッキ



このお宅、オーストラリアの不動産業者のサイトで現在取り扱われている物件なんですが、なんといいましょうか、僕にはどうしても日本の狭小住宅のように見えてしまってなりません…。

こんな感じに結構贅沢なテラスもあったりして、でもその後ろに見えている家の躯体とのバランスをみる限り、狭小住宅っぽい匂いがぷんぷんしているような気がして、ココらへんからしてちょっとアンバランスな感じが…。
しかし、家の中を見ていくと、相当に素敵な感じでびっくりします。
リビング・ダイニング・キッチンは1つの大空間になってまして、吹き抜けになってます。
このエリアの右手奥のコーナーがキッチンエリアなんですが、正直言ってキッチンはちょっと狭めな感じですかね。
家族で暮らすというよりは、贅沢な一人暮らしか、若いお子さんのいない夫婦向け物件という感じでしょうか。
で、2階に上がると、こんな感じに「贅沢な」ルーフデッキがあったりします。
このフールデッキは良いですね。
周りのお家に囲まれているこの感じ、何だか本当に日本の住宅みたいですが、でも周囲からの視線もしっかりと遮られている感じですし、街中でふと独りどこかの屋根に上って空を眺めてみたような、そんな不思議な感じがあります。
こういうルーフデッキ、日本のお宅の屋根にもどんどん作ったほうが良いと思うんですけど。
家全体の間取り図はこんな感じです。
うなぎの寝床状な配置です。
間取り図をよく確認してみてわかったんですが、このお宅、狭小住宅じゃ無いですね…。
土地面積はだいたい30坪前後といったところですので、確かにオーストラリアという土地を考えると決して広いわけでは無いですけれど、まあ日本の普通の一戸建てくらいの土地面積という感じです。
レイアウトの関係で狭小住宅っぽく見えただけだったみたいです。すいません…。
それぞれのお部屋のサイズを計算してみたところ、LDKが13.5畳くらい、8.5畳と9畳のベッドルームが1つずつ、最初に出てきたテラスは実は15畳くらいある結構広々とした空間だったわけです。
で、テラスの逆側の端にも8畳位のお庭があったりします…。
で、2階には8畳くらいのルーフデッキと5.5畳くらいの書斎、4畳くらいの収納があります。
日本風にいうと、3LDK+S+お庭2つ+ルーフデッキ1つというわけで、「スペースを贅沢に使った一戸建て」という感じだったんですね…。
このプラン、そのまま日本に持ってきたらちょっと厳しい部分もあるかもしれませんけれど、キッチンまわりとかを施主のニーズに応じて部分的に手直しすれば、日本の住宅地に建てるお家としても十分に面白いのでは無いかと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>