【スムーズな朝】動線を考慮したクローゼット作り



この階段下のクローゼット、シンプルながらも使い勝手が良さそうなイメージがあって、良いですね。

家の中で服を着替える場所って、服の種類や、平日/休日の別でも実は結構違うので、この位のサイズのクローゼットをいろんな場所に作っておくと結構便利です。
ものすごく大きなウォーキング・クローゼットを、どのエリアからも簡単にアクセス出来る場所に作れたら、それが一番便利なのかも知れませんけれど、現実的にはそんなエリアはなかなか確保できませんしね(多くの場合、そんな使い勝手の良い広い空間があったら、リビングにしてしまうんでは無いでしょうか)。
そういった意味では、こういった「隙間」的なスペースを上手にクローゼットにしていけると、「便利」で「省スペースにもなる」クローゼットが作れます。
さしずめこの写真のクローゼットは、「平日のお父さん用」という感じでしょうか。
タイル張りの床の雰囲気からすると、この周辺にバスルームがあるのかも知れませんね。
1階にお風呂もクローゼットもあって、朝起きたらコーヒーくらい飲んで、それから1階でシャワーを浴びて、出てきたらそのままYシャツを着て、玄関の扉を開けて出かけると。
スムーズに1日がスタートできそうな、なかなか良い感じのイメージです。
他にも、玄関の近くにはコート類とか長靴なんかを入れておくためのクローゼットを作っておくと便利ですし、メインの衣類のクローゼットは寝室に作ったほうが便利ですが、下着類なんかはもしかするとお風呂の近くに置いておいた方が便利かも知れませんしね。
考慮するのは、「寝室」「玄関」「お風呂」の場所くらいでしょうか。
あと、洗濯してからしまう間の移動距離も考えると、「洗濯機や物干しエリアの場所」も考慮した方が良いですね。
こういうのは家族それぞれの生活パターンなんかによっても色々と違ってくるとは思うんですが、何せ毎日のことですので、しっかりと検討しておくことが大事だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>