【遊び心+努力の結晶】ライムグリーンの収納付きベンチ



そういえば、ウチのリビングには本当はこんな感じのデイベッドを置くはずだったんですよね…。

写真に写っているのはデイベッドでは無くて「収納付きベンチ」なんですが、とってもステキだと思いません?
見た瞬間にビビっと来て一発で気に入ってしまったんですが、これ、なんとIKEAものをDIYでカスタマイズして作ったんだそうで…。
IKEAのキッズルーム向け収納といえばTROFASTというシリーズが有名ですが、コレはTROFASTを使用したのではなく、EXPEDITという超定番のシェルフユニットを横に倒して使っているんだそうです。
EXPEDITのサイズが高さ185cm×幅44cm×奥行き39cmですので、それを倒すと、高さ44cm×幅185cm×奥行き39cmになります。
デイベッドとして使用するにはちょっと奥行きが足りないような気もしますが、リビングなんかの片隅に置くことを考えると、このくらい奥行きが小さいほうが、レイアウト的な自由度が高くて良い気がします。
幅も、元のサイズは185cmですけれど、コーナー部分が延長された形になるので、実際は185cm+44cmで229cm。十分大人が横になれる大きさです。
クッション部分とカゴはIKEAものではなくて、クッションはウレタンフォームを買ってきて、そこにお好みの布を貼り付けて自作、カゴも自分のイメージに合うものを色々と探して見つけてきたんだそうです。
カゴなんかはIKEAもので流用するなら、このKOMPLEMENTというのを使ってみても、また別の可愛らしさがある感じになって良いかも知れませんね。
冒頭の話に戻りますけど、自宅を建てる際に、リビングにこんな感じのデイベッドを置きたいと思ってたんですよ…。
でも、実際にはそこにはまさにIKEAのTROFASTという子供用の収納が置かれてるんです…。
子供が小さい間って、どうしても子供達だけで遊ばせておくのに不安があるじゃ無いですか。
で、結局妻の目が届くリビングで遊ばせることになってしまうので、いつの間にかリビングが子供部屋みたいになっちゃって、いつの間にか子供のおもちゃを収納するための棚を置くは羽目になっちゃって…。
そのときにもっともっと色々考えればよかったんだよなと、つくづく思いますね…。
この収納だったら、子供が少し大きくなっておもちゃを収納する必要が無くなっても、大人用の収納としてずっとリビングで使い続けることができそうですしね。
ちなみにこの方、相当なアイディアウーマンでして、こんな風に収納に額を取り付けて、絵でラベリングしてみたり、
敢えてシンプルな白いカゴを選んでおいて、こんな風にカラフルなラベリングをしたりとかしてるんです。
大切なのは「楽しむ心を持つこと」と「考える労力を惜しまないこと」なのかなと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>