【センスと思い切り】階段下が全部イカす棚



階段下に収納を作るというのは別に珍しくないでしょう。

階段下にニッチを作っちゃうというのも、それほど珍しくないでしょう。
でも、階段下をこんな風に思い切って全部「棚」にしちゃうというのはちょっと珍しいのでは無いかと。
こりゃいいですな。
「俺は中途半端には遊ばねえゼ!」みたいな潔さがあって、こーゆーの好きです。
こんだけ段があれば、アレもコレも飾り放題ですから。
下の方には料理本なんかも収納しておけて、趣味と実益を兼ねまくりです。
そうなんですよ。
別に、普通の収納にしちゃうならともかく、何となく洒落たくて細々とニッチ掘ったりするくらいだったら、思い切って全面を「ニッチよりも更にイカす棚」に仕上げちゃえば良いわけですよ。
ま、ニッチにはニッチの可愛らしい良さがあるといえばそれはそーなので、単純に比較するようなものでも無いとは思うんですが、こういう思い切りの良さってやっぱステキだと思うんですよね。
ちなみにこのおタク、こんな感じのディスプレイ棚もあったりします。
前面からも背面からもアクセスできるタイプの棚ですね。
コレが一体どんな場所に作られているのかといいますと、こちらのリビングの左側の壁面なんですね。
かなりワイド気味のレンズで撮っているらしく、最初見た時は別の場所かと思ったんですが、この2つの写真、同じ場所なんです(上の写真はリビングの外側から撮影した写真ですが)。
一枚目の正面から棚を撮影した写真や、ディスプレイされているものの感じからいっても、それほど長い壁じゃ無いですね。
恐らく1.5m〜2m弱。普通だったら、単純に壁を一つ作ってオシマイにしてしまいそうなトコロを、耐力壁的な部分を残しつつ、きっちりと棚に仕上げてしまっているわけです。
このセンスとこの思い切り。
どっちかだけでも、何とかして、いつか身につけたいものです…。
( via Kathryn Tyler )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>