【空間本来の雰囲気】シンプルなロフトのベッドルーム



このロフトのベッドルーム、シンプルで良いですね。
窓があってベッドがあって棚があるだけの、この上無くシンプルな空間なんですが、なかなか良いかなと。
部屋の周囲に配された背の低い家具と三角の天井の組み合わせの感じが、何とも言えない独特の雰囲気を作り出してくれています。
実はこの写真が目に留まったのには理由がありまして、それは「スペースの形がウチの自宅のベッドルーム(3階)によく似てるから」なんです。
細長目の部屋の形状、天井の高さ、斜め天井と天窓の感じ。
当然細部は色々と違いますが、空間全体としては非常に良く似ています。
とは言え、手前味噌ではございますが、ウチのベッドルームの方がもう少しだけ広いと思いますし、そして、残念なことに、ウチの方がかなりごちゃごちゃとしてます。
ベッドはクイーンサイズのデカいのを入れ、それ以外のスペースの一番メインの一画にはソファと40インチ弱の液晶テレビを置いて第二のリビングスペースにし、奥側の壁にはクローゼットを作り付け、斜め天井の下の法には棚を作り付け、その下には収納を作り…。
そして、今この写真を見て、「そんな色々やらなくても良かったかな」と思っちゃったんですよね…。
ウチの3階は将来的に子供部屋にする予定のエリアなので、どっちみちいつかは改装する必要がありまして、そういうことを考えた上の「あまりゴテゴテと色々なものを作り付けていない方が良い」という気持ちも有るんですが、今言っていることは、そういうコトは抜きにした話です。
敢えて比較写真は出しませんが、ともかく、こんな感じじゃ無いですね。
斜め天井の面白い雰囲気も全然感じられませんし、ホントに単なる普通のベッドルームになっちゃってるんですよ。
色々やり過ぎてしまうと、その部屋、その空間が本来持っている雰囲気だとかそういったものはどんどんと失われていってしまうものなんだということが良くわかりました。
そして、「シンプルさ」というのはとても得難い、大切なものなんだなということも、改めて感じさせられました。
ま、家族で暮らしていますので仕方が無いと言ってしまえばそれまでなんですが、自分がどういったものが好きなのかとか、そのためにどうしたら良いのか、というようなことについては、できるだけ常に考えているようにしたいものです。
特にこういったものは、放っておいたらどんどんと失われていってしまう性質のモノだと思いますし。
( via plataforma arquitectura )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>