【回廊を抜ける風】懐の深いオーニングの下のテラス



こういうの、真似して自宅に作ろうと思ってもかなり難しいんでしょうけどね…。
コチラ、つい先日もご紹介した、エーゲ海に浮かぶギリシャの島、ミコノス島の一風景なんですが、やっぱ良いですね〜。
自宅の何処かにこんなスペースがあったら最高だろうな、というコトで、無理は承知でストックに入れておこうかなと。
まずはオーニングでしょうね。
必然なのか偶然なのかわざとなのかはわかりませんが、かなりの急角度で垂れ下がっているおかげで、頭上のスペースの懐が相当深いです。
コレ、水平に近い感じのオーニングが2mちょいのアタリに延びていたら、この雰囲気にはなってこないかなと。
1階の階高が高いせいでオーニングの取り付け場所を高くせざるを得なくて、その位置からでも低めの光まで遮れるように考えたら自然とこうなったという感じでしょうか。
窓やドアがそれぞれ複数あるのも良いですね。
このスペース、よくよく考えてみると本当は単なる「道路」なわけですが、この窓とドアとオーニングのお陰で、屋内としっかりつながった「半屋外」空間に仕上がってます。
極めつけは、教会か学校アタリから持ってきたような少し小振りなアンティークのテーブルと椅子。
ま、コレは必ずしもこんな感じのセットで無くても良いのかも知れませんけれど、この可愛らしい雰囲気は真似してみたいポイントの1つかなと。
上記のポイントを踏まえますと…。
普通のお宅のテラスでこの雰囲気を再現するのは難しいですかね…。
よほど大きなテラスでないと、「窓やドアを複数」というトコロからしてちょっとハードル高そうですから。
でも、リビング・ダイニングと隣接する庭とかなら、こんな感じの雰囲気に仕上げることもできるかもしれませんね。
地面にも軽く石畳敷いちゃったりして。
小振りなアンティークの椅子だったら、いつもはダイニングの片隅にでも重ねて置いておけば邪魔にもなりませんし、天気の良い日に「表出ようかな」と思ったら、サッと持ちだすのも楽ちんですし。
ま、僕のウチには庭はありませんけどね…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>