【シンプルで心地良い空間】書斎の作り付けカウンター



コチラの書斎、ちょっと良い感じだなと思ったのでご紹介させて頂きます。

壁面一杯に限界まで大きく口を広げた窓と、その下の、これまた壁の端から端まで作り付けられたカウンターの組み合わせが素晴らしく良い感じですよね。
横幅2mちょいといったトコロでしょうか。
全然広々という感じじゃないですけれど、シンプルで居心地が良さそうで、何だかとっても良い雰囲気なのでは無いかなと。
こういうカウンターを見てるとつくづく思うんですけれど、やはり大工さんの仕事ってイイですよね。
この作り付けカウンターに代わるようなものって、いくら足繁く家具屋に通ってもなかなか見つけられないと思うんですよ。
でも、家を建てる段階で各部屋のレイアウト詳細までしっかりと決めて、「ここにこんな感じのカウンター作ってね」「天板はちょっと良い感じのモノを張り込んじゃってね」と大工さんにお願いをしておくことさえ出来れば、先方はプロですから、チョチョイのチョイでこんな感じの素晴らしいカウンターを造作しといてくれちゃうわけです。
「将来的には模様替えしたいかも」とかそういう可能性があっても、必要に応じて取り外せるような作りにしておいてもらえば良いわけですしね。
あ、それの応用で、部屋の形状を正方形にしておいて、四方の壁全部にロイヤルか何かの棚柱金物を埋め込みつつ、着脱式のカウンターも取り付けられるようにしておくというのはどうでしょうかね…。
そこまでやっちゃうと、ごちゃごちゃし過ぎちゃってこのシンプルな雰囲気の良さが失われちゃいますかね。
やっぱ、計画性って何よりも大事なんですよね。
( via the guardian )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>