【棚板で踏板で読書スペース】階段脇の作り付けの本棚



この組み合わせ、コレまでにも何度もご紹介したことがあるんですけれど、もしかして階段と本棚って…やっぱ似てる…?
階段脇の本棚、スペースも有効活用できますし、使い勝手も良さそうで良いですよね〜。
この階段と本棚、下から見るとこんな感じでして、なんだかものすごく一体感があるかなと。
どこまでが本棚でどこからが階段なのか、ぱっと見分から無い…という程では無いですが…。
でも、踏板がそのまま棚板やカウンターの天板になってたりして、デザイン的にもかなり面白さはありますよね。
しかもこの階段、踏板の右側が一段抜かしで短くなってるんです。
で、そこに座って本を読むことが出来てしまうという…。
コレ、一見単なる思いつきかのようにも思えてしまうんですが、結構色々と考えられたアイディアなのかなと。
階段の蹴上の高さって、踏み面の巾にもよるとは思うんですけれど、だいたい15cm〜20cmの間くらいだと思うんですよね。
で、踏み面巾が20cm〜25cm程度だとすると、そこに座ることは十分可能にせよ、狭すぎて「腰を落ち着けてしばらく本を読む」という感じには到底ならないかなと。
それが、この階段のように一段毎に抜いておくことで、かなりゆったりとした座りやすいスペースになってくれるわけです。
しかも、本棚として考えた時にも、高さが15cm前後だとすると文庫がギリギリ収まるサイズなわけですが、その倍の30cm強の高さにしておけば、ハードカバーやムックなども含めて幅広い種類の本が収納できるようになりますから。
そういう意味では、あくまで階段としての機能を損なわないままに、ちょっとした読書スペースを作り出しつつ本棚としての使い勝手も確保しているという、なかなかのナイスアイディアなわけです。
収納効率を考えた場合には文庫専用の棚というのも欲しい様な気もしますので、場合によっては「15cm程度の高さの棚を基本として、何箇所かを抜いて30cm高の棚も作って、そこに読書スペースを作る」というやり方もアリかも知れません。
「大きな本棚が欲しいけれど、作り付けるスペースが無い」というそこのお父様、いかがでしょうか?
ホントにこんな感じの階段兼本棚をお作りになる場合には、棚板を抜いたトコロから転落したりしないように、ネットなどの転落防止措置を設けるのをくれぐれもお忘れなく…。
※そういえば、階段脇の本棚と言えばこんなのもありましたね〜。よく見るとコチラも一段抜かしになってます。
( via designrulz )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>