【光を通す壁】空間を緩く隔てるガラスという選択肢



小さいお子さんが居たりすると危なかったりもするのかも知れませんけどね…。

コチラのガラスの室内扉の雰囲気、良くないですか?
キッチンとその向こうのパントリー的なエリアを、扉で隔てつつも連続した1つの空間として感じられるような絶妙な位置関係にしてくれています。
こういう写真を見ていると思うんですけれど、家の中の空間って結局のところ、「いかに隔てるか」がポイントになってくるんだと思うですよね。
ダーンと広がる大空間というのもそれはそれで魅力があるとは思うんですけれど、実際にそこに住む人の立場になって考えたときに居心地が良くて使い易いのって、「丁度良いサイズに隔てられた空間」だと思うんです。
適度に隔てられた小空間の方が包まれ感なんかもあって落ち着くというのも理由の1つですし、そういった居心地や雰囲気的なモノを抜きにして考えても、例えば冷暖房などの効率や音漏れ/防音などの点を考えた場合にも、それぞれのエリア毎に適切なサイズに区切ってあったほうが何かと都合が良いですよね。
そうやって考えていくと、家の中の空間というのは、開放感や雰囲気を損なわない限りにおいてできる限り隔てていくコトを考えるというのが、色々な面からみて合理的なのかなと。
で、空間を隔てる最もオーソドックスな方法としては「壁」があるわけですけれど、壁を作って空間を区切ってしまうとそこはもう1つの部屋になってしまって、当然のことながら空気も音も通さない代わりに光も視線も通さないわけです。
そういった隔て方を必要とする箇所も多々あるので(というか、ほとんどのケースではそうだと思いますが)、それはそれとして普通に「壁」や「部屋」を作れば良いと思うんですけれど、それ以外にこういった「ガラスの壁」「ガラスの扉」という選択肢を持っておいて、それを上手に使える場所が無いかを考えることができると、空間の隔て方により多くのバリエーションが持たせられると思うんですよね。
コチラの細〜いフレームのガラスの引き戸なんてもう堪りませんね〜。
ガラスですので音も熱もかなり通すのは確かですし、効率という面を考えたら普通の壁を作った方が良いのは間違い無いんですが、それでも尚且つ、こういったガラスの壁、ガラスの扉を家の中のどこかに用いることが出来ないかを考えてみることには十分なメリットがあるのでは無いかなと。
( via STILLSTARS )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>