【サブの寛ぎ空間】光溢れる開放的なロフトスペース



コチラのロフトのベッドルームはいかがでしょう?

眩いばかりの朝日が差し込んでいて、ものすごく開放的で良い感じの雰囲気ですね〜。
しかもこのロフト、天井高も1.4m以下っぽいですし、上がる方法は梯子、床面積もメインのフロアの1/2以下に収まってると思いますので、このままそっくり真似たとしても、いわゆる「日本の建築基準法上、床面積不算入に出来るロフト」として作れちゃいそうです。
仮に床面積不算入のロフト=小屋裏収納として作った場合、当然のことながらソコは居室ではない物置的な空間ということになるわけですけれど、このくらい良い感じの雰囲気に仕上がってると、物置スペースとして使いつつも、やはりソファやデイベッドなんかを置いてちょっとした寛ぎスペースとして使ってみたくなる気がしますね。
春とか秋とかの良い季節に、ココでゴロゴロしながら家中を流れる風を感じつつのんびり読書とかして過ごしたら最高に気分が良さそうじゃ無いですか?
冬場は冬場で、暖かい空気が集まってくるポカポカのひなたぼっこスペースになってくれそうな気がします。
さすがに夏場はちょっと暑くてつらそうな気がしますけれど、換気と遮光まわりをしっかりと検討しておくことができれば、それなりに快適に過ごす方法を考えるコトは出来そうですし、どうしても難しそうならば夏場は本来の物置スペースとしてそのまま使用しておけば良いわけですしね。
自宅の吹き抜け部改修プラン候補がまた1つ増えてしまいました…。
一体いつになったら決められるんだろうか…。
( via Anna-Louise )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>