開放感のある屋根裏の子供部屋



こちらの子供部屋、とても良い感じの雰囲気だなと思ったのでちょっとご紹介しておきます。

開放感のある天窓付きの屋根裏の子供部屋jpg

こちら、インテリアデザインとか建物を紹介しているdecoistというサイトで見つけた屋根裏部屋に作られた子供部屋の写真です。

この子供部屋、広さ的にはせいぜい奥行き3m×幅2.5mで4.5畳位の広さしかないと思うんですけれど、開放感があって、ベッドと勉強机が置けて、プラスアルファのちょっとしたものが置ける余裕スペースがあって、これで充分というか、ドンピシャ100%の丁度よさなそうなサイズ、イメージです。
もしかすると子供一人の部屋としては広すぎるくらいのスペースな感じもしますが、ま、子供もいつかは高校生大学生と大きくなっていくことを考えると、やはりこの位の広さは最低限必要ですかね。
それにしてもこの開放感、良いです。
ポイントは「窓」と「内装」でしょうかね。
そもそも部屋の広さの割には大きめな窓が一つあって、それだけでも充分な感じなんですが、そこに更に天窓があるので、相当明るくて、しかも開放感がある感じになってます。
その上白基調の内装がさらにそこをすっきりとしていい感じの雰囲気に仕上げているかなと。
左側の青と白のストライプの壁も爽やかな感じが増幅されてて良いです。
しかも天井が斜め天井になっているので、ものすごく開放感もあるのに、包まれ感もあって落ちつくという相当良い感じの雰囲気に仕上がってます。
これはかなり高レベルに秀逸と言っても良いのでは無いかと思います。
元ネタサイトにもそんなコメントがあったんですが、これでも「ちょっと狭いかも」と思う方は、どこかの一角に鏡なんかを入れたら更に開放感が増すかもしれませんね。
ま、僕なんか、これで充分だと思っちゃう方ですけれど、やはり海外の方は広いお部屋に慣れてるんでしょうかね。
いつか、しっかりと正面から向き合わなければならない子供部屋問題を抱えている身としては、こういうインテリアの写真、結構参考になります…。
この位の大きさだったら、二人分作っても9畳分くらいで済んじゃうわけですか。
屋根裏、というところがまた魅力的ですね(ま、うちはそもそも屋根裏部屋を既に使ってしまっていますが…。そこを改装してこう持っていく、というのは結構良さ気且つ現実味のあるプランな気がします)。
ちなみにこのサイト、この回は子供部屋のインテリアを紹介する回でして、他にも色々と子供部屋の写真が紹介されてました。
良いなと思った子供部屋、他にも沢山あったんですが、その中からもう一つご紹介しておきたいと思います。
こちらは二人で一部屋タイプの子供部屋です。
コチラも天窓付きですね。
天窓から光が沢山さし込む相当明るい感じの室内と、ライムグリーンとか色々な種類の綺麗な緑を使った家具の組み合わせの感じが、とても良いです。
こういうのも良いですね。
このカラフルな感じ、どこかで真似してみたいものです。
二人部屋だと効率的に広々とした感じで作れて良いんですが、男と女だとこういうわけにもいかないんですよね…。
で、ウチは残念ながら男と女なんですよね…。
改装計画、いつかは立てないといけないんですよね…。
( via decoist )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>