【シチュエーションに応じて柔軟に】空間を緩く隔てる箱



フロアの上に突然ど〜んと現れたこちらの「箱」、なんだと思います?

箱の中の小部屋

 

実はこの「箱」、内部にはテーブルと椅子が入れてありまして、ちょっとした打ち合わせなんかに使える小部屋になってるんです。

 

しかも、一方の面の壁が観音開きで全開口するようになってまして、大人数での打ち合わせとか、場合によってはプレゼンなんかにも使えるようになってるんだそうで。

開閉式の箱のなかの小部屋

 

設置されているのは、当然のことながら個人宅ではなく、スペイン バルセロナの某オフィスの中。

箱状の小部屋で区切られたオフィス

こちらのオフィス、ちょっと変わったことに、建築事務所とネット通販という全く異なる2つの会社が同一のフロアをシェアして使用してまして、どちらも繁忙期には人を増やし、閑散期には人を減らすということを行う会社だったために、フロアがごっちゃになり勝ちだったんだそうで。

とは言え、フロアを物理的に区切ってしまうと、時期に合わせてスペースを融通することもできなくなってしまうし、何よりも開けた視界や開放感、採光を損ないたく無い、ということで考えられたのがこちらの「箱」だったんだそうで。

 

逆側の2面は、全面がニッチ状にくり貫かれた収納棚。

ニッチ状の作り付け本棚付きの箱の小部屋

壁面に設置された長いカウンターテーブルは、あるときは各個人用のワークデスク、あるときは各種共同作業用のスペース、そしてあるときは荷物置き場と、ニーズに合わせて柔軟に姿を変えてくれます。

 

オフィスと個人宅では、当然のことながらニーズも作りも大きく異なるわけですけれど、開放感を損ねずに上手に空間を区切ったり、シチュエーションに応じて柔軟にスペースを融通したりできるようにしようとするこういった取り組み、個人宅を建てる場合にも、色々と参考に出来る部分があると思うんですよね〜。

※どこにも書かれてませんでしたけれど、多分このオフィスをシェアしている建築事務所って、このオフィスをデザインしたZEST Archtectureなんじゃないかなと…。だって、自分たちの事務所、他人に頼みませんよね? よく見ると、”ZEST”って木製のオブジェも飾ってあるし…。

( via ZEST Archtecture )

屋外スモールダイニング付きベッドルーム



北欧のアパートメントって、何でいちいちこんなに素敵なんですかね。

全開口でテラスとつながるベッドルーム

何というか、外部とのつながりの作り方や光の取り入れ方、取り入れた光を室内でどう活かして使っていくかという室内のインテリア側との組み合わせが、この良さの1つのポイントなんでしょうね〜。

 

コチラのバルコニーなんて、幅3m×奥行き1m程度の、油断してたら洗濯物でも干してそれでお終いにしてしまいそうなコンパクトなスペースなわけですけれど、こういうの、絶対に無駄にしないで100%きっちり使ってきますから。

ベッドルームの隣のテラス

 

ベッドルームからの出入口は、開放感抜群の大きなガラスの両開き戸。

テラスにつながる全開口ガラスドア

物干しスペースにするんだったら引き戸でも良いのかもしれませんけれど、ベッドルームに隣接する屋外ダイニング的スペースとして使うんだったら、やはりこんな感じに全開口になって欲しいですよね〜。

屋外ダイニング付きのベッドルーム

 

日本と北欧では、気候や気象などの環境的な条件はもとより、文化や習慣まで含めて、異なる部分が余りにも多数あるので、これをそのまま日本の家屋に取り入れたら色々と困ったことになるんでしょうけれど、日本の伝統的な家屋の建て方と照らして、問題となりそうな部分を予め把握した上で上手に対応しつつ、その土地その土地の風土にあった形で取り入れたりできたら良いですよね〜。

( via Alvhem MAKLERI & INTERIOR )

明るく開放的なロフト付きワンルーム



こちらのロフト付きワンルームの雰囲気、とっても素敵じゃないですか?

ロフト付きワンルームのリビングダイニング 

 

玄関からズイっと入ってくると、

ロフト付きワンルームの玄関

 

メインのフロアは、リビング・ダイニング・キッチンとバスルーム。

ロフト付きワンルームのリビング&キッチン

幅6m×奥行き5m程度ですので、20畳弱といったところでしょうか。

斜めの天井に埋め込まれた大きな窓が、開放感いっぱいで素敵です。

 

ロフトにはこちらの階段から上がります。

ロフト付きワンルームのロフトに上がる階段

 

ロフトの上はベッドルーム。

ロフト付きワンルームのロフトベッドルーム

天井に埋め込まれた大きな天窓のお陰で、薄暗さや圧迫感は微塵もありません。

 

脇には大き目のデスクも置けちゃいます。

ロフト付きワンルームのロフトの上のワークデスク

こちらにも、同じサイズの天窓がもう一つ。これはかなり明るいでしょうね〜。

 

ロフト上から下のフロアを見下ろしたところ。

ロフト付きワンルームの.ロフト上からキッチンを見下ろす

キッチン収納の上が、ロフトフロア側から見える観葉植物置き場になっているのがちょっと面白いですね。

 

数字で見ると、下のフロアが36平方m、ロフトの上が12平方mとのこと。合計48平方mと言えばそれなりの広さな気がしますし、このくらいのスペースかな、という感じですが、36平方mでこれだけのスペースを実現しているとなると、これは結構上手にできている方なのかなと。

当然、このままの作りでは小屋裏収納的な扱いにはできないわけですけれど、建築基準法と照らしつつ、フロアを組み替えたり上手に応用することができれば、狭小住宅的な家を建てる際のアイディアの1つとして使えそうな部分もありそうですよね〜。

( via Alvhem MAKLERI & INTERIOR )