住宅デザイン http://juutakudesign.com 気になった住宅のバーツやデザイン、家具や内装など、例えば『このキッチンの感じ、いい!』と思ったものを見つけてきては紹介しています。 Fri, 12 May 2017 10:51:27 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.8.21 【端のくぼみに作り込み】明るく開放的な壁際のロフトベッドスペース http://juutakudesign.com/2017/05/post_1281.html http://juutakudesign.com/2017/05/post_1281.html#comments Fri, 12 May 2017 04:34:21 +0000 http://juutakudesign.com/?p=14774 幅2m奥行き1.5mほどの窪みスペースに作り込まれた明るく開放的な窓際のロフトベッドルーム出っ張ったり凹んだりしてる部分を活かして、こういうスペースを作り込んじゃうというのもありですよね。 空間って、ある程度以上の広さが確保できているなら、正方形に近いほうが縦横問わず自由にレイアウトできますし、何かと使い勝手 […] ]]> 出っ張ったり凹んだりしてる部分を活かして、こういうスペースを作り込んじゃうというのもありですよね。

幅2m奥行き1.5mほどの窪みスペースに作り込まれた明るく開放的な窓際のロフトベッドルーム

空間って、ある程度以上の広さが確保できているなら、正方形に近いほうが縦横問わず自由にレイアウトできますし、何かと使い勝手がいいかなと思ってます。でも、実際には、構造や設備の関係で何かが張り出してきてしまったり、どこかしらに変則的な形になっている箇所があったりするというのが一般的なのかなと。

で、そういう部分が、使いづらくてダメなスペース、無駄なスペースになってしまうのかと言えば、一概にそうとばかりは言えなくて、そこに合わせた相応の使い方を割り当てることができれば、それはそれで普通以上に素敵なスペースとして作り込むことだって可能なわけで。

 

床に直接、というのもいまどきは結構珍しいですけど、ものすごく落ち着いてぐっすり眠れそう。これはこれでよろしいのではないかと。

幅2m奥行き1.5mほどの窪みスペースに作り込まれた明るく開放的な窓際のロフトベッドルームの下段

 

ちょっとした作業用のできる小さなワークスペースや、子ども用の勉強スペースなんてのもありかも。こじんまりとしてる分、作業に集中して没頭できそうです。

幅2m奥行き1.5mほどの窪みスペースに作り込まれた明るく開放的な窓際のロフトベッドルーム 紫版

お部屋の凸凹を活かすこういうアイディア、レイアウトを考える際の候補案としてプランの引き出しにストックしておくと、「自宅に少し変わったおもしろいスペースが欲しいな」と思ったときに、いろいろとイメージを膨らませたりするのにお役に立ってくれると思います。

僕の引き出しにも、「自宅用」タグを付けてストックしておきました。

( via PBteen )Similar Posts:

]]>
http://juutakudesign.com/2017/05/post_1281.html/feed 0
【緩くつながるおもしろさ】作り付けの巨大本棚と半ロフト的ベッドルームのあるリビング・ダイニング http://juutakudesign.com/2017/05/post_1280.html http://juutakudesign.com/2017/05/post_1280.html#comments Tue, 02 May 2017 06:14:47 +0000 http://juutakudesign.com/?p=14757 リビング・ダイニングから半フロア上がった包まれ感のあるコンパクトなベッドルームの対面の壁一面の巨大造作本棚1こちらのお宅、作りが素敵だなと思ったのでご紹介させていただきたいと思います。 こちらがダイニング。正面とサイドの壁面に、上部をいっぱいに使った作り付けの巨大本棚が2つ。 このサイトでも幾度となくご紹介してきたこういう作り […] ]]> こちらのお宅、作りが素敵だなと思ったのでご紹介させていただきたいと思います。

こちらがダイニング。正面とサイドの壁面に、上部をいっぱいに使った作り付けの巨大本棚が2つ。

リビング・ダイニングから半フロア上がった包まれ感のあるコンパクトなベッドルームの対面の壁一面の巨大造作本棚1

このサイトでも幾度となくご紹介してきたこういう作り付けの巨大本棚、いいですよね。これだけのサイズがあれば、何度も繰り返し読みたいお気に入りの文庫本や、ムック本など長期的に保管しておきたい類いの雑誌、家族の写真や書類など、ありとあらゆるものが収めておけそうです。

ダイニングの横には、ゆったりとした作りのシックな革張りソファとガラスのローテーブルを置いただけのシンプルなリビングスペース。

半フロア上がったコンパクトなベッドルームに隣接するリビング・ダイニング

 

そして、このリビング・ダイニングの向こう側には、半フロア上がった作りの、こんな感じのベッドルームが。

リビング・ダイニングから半フロア上がった包まれ感のあるコンパクトなベッドルームをリビング側から

空間としてはひと続きでも、それぞれのフロアの高さが微妙にずれつつ緩くつながったこういう感じ、ちょっといいですよね。落ち着いて気持ちよく眠れそう。

リビング・ダイニングから半フロア上がった包まれ感のあるコンパクトなベッドルーム

同じ広さのスペースでも、フロアのレイアウトやスペースのつなげ方1つで、その中におもしろさや広がりを作り込むことができるわけで。

こちらのポストを御覧いただいている方の中で、「家の中に遊び心のあるスペースが欲しいな」とお考えの方がいらっしゃいましたら、リビング・ダイニングのメインスペース+その向こうにスキップフロア的につながるベッドルームの組み合わせ、今度の模様替えやプチリフォームの際にでも試してみてはいかがでしょうか。

( via A CUP OF JO )Similar Posts:

]]>
http://juutakudesign.com/2017/05/post_1280.html/feed 0
【内外をつなぐガラスの開口部】勾配天井に埋め込まれたスライディングドアとその向こうのルーフバルコニー http://juutakudesign.com/2017/04/post_1279.html http://juutakudesign.com/2017/04/post_1279.html#comments Fri, 21 Apr 2017 03:17:50 +0000 http://juutakudesign.com/?p=14740 ドイツ Sunshine Wintergarten社の勾配天井用観音開きスライドドアを屋上テラスの屋外ダイニングから自宅にこんな感じの屋外スペースがあるの、最高じゃないですか? ウッドデッキのルーフバルコニーそのものも当然素敵ですけれど、屋内との出入り口に使われてる大振りなガラスのスライディングドアがまたいいですよね。 こちら、ドイ […] ]]> 自宅にこんな感じの屋外スペースがあるの、最高じゃないですか?

ドイツ Sunshine Wintergarten社の勾配天井用観音開きスライドドアを屋上テラスの屋外ダイニングから

ウッドデッキのルーフバルコニーそのものも当然素敵ですけれど、屋内との出入り口に使われてる大振りなガラスのスライディングドアがまたいいですよね。

こちら、ドイツ北西部、オランダとの国境にほど近い街・シュタットローンを拠点として天窓や勾配天井向けのスライディングドア、サンルーム周りの建材などの設計・製造・販売を手がけるSunshine Wintergartenという会社の製品なんですが、勾配天井の屋根がそのまま屋上テラスへの出入り口として使えちゃうこういう製品って、日本だとちょっと見かけることないですかね。

 

内側はこんな感じ。

ドイツ Sunshine Wintergarten社の勾配天井用観音開きスライドドアを屋内側から

閉じればサンルーム、開け放てば、ここも屋外リビング・ダイニングの一部という感じでしょうか。

オーニングもついてます。

ドイツ Sunshine Wintergarten社の勾配天井用観音開きスライドドアにオーニングをかけたところ

天窓(というか、この場合はドアというべきかもしれませんが)って普通の窓よりもはるかに採光が良いので、明るすぎ/暑すぎ問題につながることが珍しくないわけですけれど、これだけしっかりとしたオーニングが装備されていればそこら辺も大丈夫かなと。

 

こちらは、同じくSunshine Wintergarten社の製品で、上げ下げタイプのものなんですけれど、これはこれでいいですね〜。

ドイツ Sunshine Wintergarten社の勾配天井用上げ下げ的型ドアを屋上テラスから

窓のヘリ部分が、そのまま屋外ダイニング的なスペースとして使えるようになってます。これだったら、ルーフバルコニーやテラスを作るスペースの余裕がないお宅でも大丈夫そう。

 

日本で家を建てる際にこういったのが欲しかったらどうしたら良いのか、ちょっと調べてみたんですけれど、日本で一般的に出回っている製品だと、例えばLIXILやYKK APなど、メジャーどころのメーカの天窓や建具関係の製品をざっと確認した限りでは、ここまで思い切った感じの製品というのはやはりちょっとないのかなと(というか、勾配天井に使える製品でスライディングや上げ下げタイプのものというの自体が、現在のラインナップでは存在していないように思います)。現実的な選択肢としては個人輸入ということになるんでしょうかね。

実際の各種手続きや施工のことまで考えた場合、非常用進入口としての機能を考慮する場合には、開口部が大きくて開閉もしやすそうなこの作りは却って都合が良いくらいで問題ないでしょうけれど、防火地域/準防火地域であれば、延焼防止の目的から防火戸としての性能が求められますし、そういった面では、本当にこちらの製品を導入する場合には、難燃・不燃・防火的な面の性能については確認しておいたほうがいいと思います。

いろいろ具体的に考えると結構ハードルは高そうな気もしますけど、そういったもろもろを補って余りあるだけの魅力もあるのではないかと。これから家を建てたりリフォームしたりするご予定のある方で、自宅に素敵な屋外空間が欲しいなとお考えの方がいらっしゃいましたら、こんな感じのスライディングドア、検討候補の1つに加えてみてはいかがでしょうか。

( via Sunshine Wintergarten )Similar Posts:

]]>
http://juutakudesign.com/2017/04/post_1279.html/feed 0
【光を通すパーティション】使い方自由な孔あきブロックで各種スペースを作り込み http://juutakudesign.com/2017/04/post_1278.html http://juutakudesign.com/2017/04/post_1278.html#comments Fri, 07 Apr 2017 08:38:33 +0000 http://juutakudesign.com/?p=14701 空間を自在に区切るコンクリート製の収納兼パーティションブロック「スクリーンブロック」で区切って作られた家の廊下こちら、タイの南部、タイランド湾に面するマレー半島の街スラタニに建つ、あるご兄弟の自宅兼職場なんですけれど、作りがちょっとおもしろいんです。 こちらにお住まいなのは、ひとりは獣医さん、もうひとりは薬剤師さんというご兄弟。 […] ]]> こちら、タイの南部、タイランド湾に面するマレー半島の街スラタニに建つ、あるご兄弟の自宅兼職場なんですけれど、作りがちょっとおもしろいんです。

空間を自在に区切るコンクリート製の収納兼パーティションブロック「スクリーンブロック」で区切って作られた家のベランダ

こちらにお住まいなのは、ひとりは獣医さん、もうひとりは薬剤師さんというご兄弟。もともとは別の場所で仕事をして別々に暮らしてたんですけれど、あるとき、同じ場所で一緒に開業して一緒に暮らそうという話になり、スラタニの中心地に480平方m≒145坪の土地を購入したんだそうで。

2人が建てたのは、2つの建物を連結したような作りの、4階建てのこの建物。

空間を自在に区切るコンクリート製の収納兼パーティションブロック「スクリーンブロック」を用いたタイの獣医さん&薬剤師さんのオフィス兼自宅

この中に、2人の兄弟それぞれが職場として必要とする各種のスペースと、2つの家族が必要とするプライベートスペースを作り込んでるわけですが、そこで随所で活躍しているのが、「スクリーンブロック」とよばれるこちらのコンクリート製のブロック。

空間を自在に区切るコンクリート製の収納兼パーティションブロック「スクリーンブロック」の種類

一見すると、日本の古くからの住宅地でよく見かけるブロック塀のようにも見えるこちら、いくつかのパターンが用意されてまして、用途にあわせてそれらを組み合わせて使用します。

空間を仕切るためのパーティションであり、可変棚を取り付けるためのフレームでもあり、それ自体が収納にもなります。

空間を自在に区切るコンクリート製の収納兼パーティションブロック「スクリーンブロック」で区切って作られたリーディングヌック

空間を自在に区切るコンクリート製の収納兼パーティションブロック「スクリーンブロック」

ブロックとブロックの間にしっかりとした角材を複数渡せば、ベンチとして使用することも。

空間を自在に区切るコンクリート製の収納兼パーティションブロック「スクリーンブロック」で区切って作られたリーディングヌックのある多目的スペース

 

さきほどのリーディングヌック的なスペース以外にも、多々使用されてまして、

階段室の壁面に用いて、サイドの全面から光の差し込む、明るく開放感のあるスペースに仕上げてみたり、

空間を自在に区切るコンクリート製の収納兼パーティションブロック「スクリーンブロック」で区切って作られたエントランス

空間を自在に区切るコンクリート製の収納兼パーティションブロック「スクリーンブロック」で区切って作られたエントランスのハンガースペース

 

こちらは患畜たちの待合いスペースでしょうか。

空間を自在に区切るコンクリート製の収納兼パーティションブロック「スクリーンブロック」で区切って作られたペット用プレイスペース

 

ガラスと組み合わせた形で外壁部分にも。

空間を自在に区切るコンクリート製の収納兼パーティションブロック「スクリーンブロック」1

採光と一定の開放感を保ちながら、外部からの視線は遮り、ブロックの孔を通して外部の様子を伺うこともできます。

 

こういうの、自宅のリフォーム用のアイディアとして使ってみるのもありかも。使徒や目的に応じて、いくつかの種類のブロックの中から適切なものを選んで用いることで、最適なスペースを作り込むのに役立ってくれそうです。 コンクリート製のブロックですから、当然そこまで気軽に組み替えたりはできないんでしょうけれど、普通の壁や建具に比べれば、レイアウト変更や模様替えも比較的簡単にできそうですしね。

日本の場合だと、地震対策、倒壊防止や耐震性というあたりも気にはなりますので、本当にこういうのを導入してみる場合には、そこらへんについてもしっかりと検討しておく必要がありそうでしょうか。

( via arch daily )Similar Posts:

]]>
http://juutakudesign.com/2017/04/post_1278.html/feed 0
【リビング・ダイニングの片すみにも】お楽しみ用の2台目冷蔵庫とコンパクトなワインセラー http://juutakudesign.com/2017/03/post_1277.html http://juutakudesign.com/2017/03/post_1277.html#comments Fri, 17 Mar 2017 03:01:35 +0000 http://juutakudesign.com/?p=14674 二子玉川 蔦屋家電にあったSMEGの冷蔵庫_[0]先日、二子玉川に用事があって出かけた際に立ち寄った蔦屋家電で、ちょっといい感じのものをいくつか見かけたので、自宅用備忘録も兼ねてアップしておきたいと思います。   まずはこちら、以前にもご紹介したことのあるSM […] ]]> 先日、二子玉川に用事があって出かけた際に立ち寄った蔦屋家電で、ちょっといい感じのものをいくつか見かけたので、自宅用備忘録も兼ねてアップしておきたいと思います。

二子玉川 蔦屋家電にあったSMEGの冷蔵庫_[0]

 

まずはこちら、以前にもご紹介したことのあるSMEGの小型冷蔵庫、FAB5URR。

2台目の冷蔵庫 二子玉川 蔦屋家電にあったSMEGの小型冷蔵庫FAB5URR 外観1_[0]

幅530mm×奥行き730mm×高さ404mmというコンパクトサイズで、容量は約42リットル。丸みを帯びた愛らしいこのデザイン、いいですね〜。こういうの、ビールやスパークリング系のお酒、お茶あたりと、要冷蔵の珍味やおつまみなんかを入れておくためのサブ冷蔵庫、2台目の冷蔵庫として用意して、リビングのコーナーにでも置いておいておくと、メインの冷蔵庫の空きスペース確保にも役立ちますし、何かと便利に使えるのではないかと思います。

2台目の冷蔵庫 二子玉川 蔦屋家電にあったSMEGの小型冷蔵庫FAB5URR 扉を開いたところ_[0]

そもそもビールやスパークリングワインとかって、他の食材やお酒みたいに料理に使うこと、あまりないですよね。たまたま冷蔵庫がキッチンにあるからそこに収まってるだけで、別にキッチンにある必要はないかなと(キッチンで飲みながら…というかたの場合は別ですが。そういえば、今は亡きうちの父は、焼きそばを蒸らすのにビールを使ってましたけどね)。

お値段は税込み213,840円と、これっぽっちも可愛らしくありませんが、まあ、可愛らしかったり魅力的だったりするものというのは大抵そういうことになっているものなわけで。

2台目の冷蔵庫 SMEGの小型冷蔵庫FAB5URR 価格表カタログ_[0]

2台目の冷蔵庫 二子玉川 蔦屋家電にあったSMEGの小型冷蔵庫FAB5URR 2_[0]

 

このSMEGの小型冷蔵庫もいいなと思ったんですけれど、それよりももっとググッと引き込まれてしまったのが、その奥にあったワインセラーの展示スペース。ともかく取り扱いが豊富で、複数のメーカーのさまざまな機種が多数展示されてました。

こちらは、さくら製作所というところのファニエルというシリーズ。日本の住宅事情にあわせた設計がされてるんだそうで。

2台目の冷蔵庫 二子玉川 蔦屋家電にあったFURNELのワインセラー SAB-90G-PB 24本タイプ_[0]

例えばこちらのモデル、SAB-90G-PBは、幅380mm×奥行き476mm、新聞紙1枚以下というコンパクトな設置面積ながら、24本のワインを収納可能、上段下段それぞれを別の温度に設定することができ、棚板を全部抜けば一升瓶を立てて収めることもできてしまうというスグレモノ。上段は少し高めの温度設定にしておいてワインの長期保管用スペース、下段は温度を下げて、キンキンに冷やしておきたいビールやスパークリングワイン、白ワインや日本酒用のスペース、という感じで使い分けることもできちゃいます。お値段税込み91,584円。

これは同じくファニエルの、さらにコンパクトなSAB-50G-PBというモデル。

2台目の冷蔵庫 二子玉川 蔦屋家電にあったFURNELの小型ワインセラー SAB-50G-PB 12本タイプの外観_[0]

高さ704mmと、テーブルやカウンターの下にも入れられるサイズになってますから、置き場の選択肢もぐっと拡がってくれるのではないかと。リビング/ダイニングの片すみに置いておいても大丈夫そうですしね。お値段も税込み64,584円とお求め安くなっております。

 

こちらはドメティックというブランドのもの。こちらも高さは820mm〜863mmと低め。

2台目の冷蔵庫 二子玉川 蔦屋家電にあったドメティックのワインセラー 各種 外観_[0]

 

先程のファニエルの24本収納モデルよりもひとまわり小さいサイズ、ワインボトル15本が収納できて、同じように上下2室を別の温度設定で使用可能なD15というモデル。税込み82,080円。

2台目の冷蔵庫 二子玉川 蔦屋家電にあったドメティックのワインセラー D15 17本タイプの外観 2室温度調節可_[0]

2台目の冷蔵庫 二子玉川 蔦屋家電にあったドメティックのワインセラー D15 17本タイプの外観 扉を開いたところ 2室温度調節可_[0]

 

こちらは幅148mmとかなりスリムなつくりのモデル、ST7。ワインボトルが7本収納可能です。税込み64,584円。

2台目の冷蔵庫 二子玉川 蔦屋家電にあったドメティックのワインセラー スリムタワーST7の外観_[0]

2台目の冷蔵庫 二子玉川 蔦屋家電にあったドメティックのワインセラー スリムタワーST7の外観 扉を開いたところ_[0].jpg

このスリムさだったら、キャビネット脇とかの隙間スペースにも収まっちゃいます。

どちらも、これはこれで魅力のあるモデルだと思うんですけれど、800mmオーバーという高さはちょっと微妙かも。この高さだと、大抵の日本のお宅のカウンターやテーブルの下には収まらないと思います。でも、テーブルと並べたり部屋のコーナーに置いたりという感じなら全然問題ありませんから、そういう設置の仕方ができるお宅だったら十分ありだと思います。

 

スペースにもお金にも余裕があるよというかたには、こういうのもあります。

シャンブレアのPROF200R。

2台目の冷蔵庫 二子玉川 蔦屋家電にあったシャンブレアのワインセラー PROF200 160本タイプの外観_[0]

最大160本のワインボトルが収められます。が、お値段753,840円……。これはちょっと手が出ませんな……。

 

それにしても、ワインセラーって結構安いのが出てきてるんですね。最後のシャンブレアは別として、他のモデルはどれも6万円台中ごろから9万円程度ですから、決してお安くはないですが、まあ、このくらいだったら出してもいいかなという許容範囲内には十分収まっているのではないかと。

このポストをご覧いただいているかたの中で、リビング・ダニングに2台目のコンパクト目冷蔵庫が欲しい、ワインセラーを買いたい、検討したい、というかたがいらっしゃいましたら、週末お時間あるときにでも、蔦屋家電、チェックしに行ってみてはいかがでしょうか。

( Photos ©juutakudesign  )Similar Posts:

]]>
http://juutakudesign.com/2017/03/post_1277.html/feed 0
【1年を通じて楽しめる2つの半屋外スペース】ベランダの屋外ダイニングと隣接するサンルーム的多目的スペース http://juutakudesign.com/2017/03/post_1276.html http://juutakudesign.com/2017/03/post_1276.html#comments Fri, 03 Mar 2017 04:04:52 +0000 http://juutakudesign.com/?p=14655 ブラインド越しに大量の光の降り注ぐ明るく開放的なダイニング・キッチンこういうダイニング・キッチンはいかがでしょう。   正面の大きな窓からブラインド越しに大量の光が差し込む、明るく開放的なスペース。 ほぼ正方形のスペースの二辺に壁付けのカウンター、中心にはダイニングテーブル。こ […] ]]> こういうダイニング・キッチンはいかがでしょう。

ブラインド越しに大量の光の降り注ぐ明るく開放的なダイニング・キッチン

 

正面の大きな窓からブラインド越しに大量の光が差し込む、明るく開放的なスペース。

ブラインド越しに大量の光の降り注ぐ明るく開放的なダイニング・キッチン 正面から

ほぼ正方形のスペースの二辺に壁付けのカウンター、中心にはダイニングテーブル。こういうレイアウト、スペースの利用効率もいいですし、何よりも、配膳や片付けがラクチンなところがいいですよね。

 

こちらのお宅、素敵なのはダイニング・キッチンだけじゃないんです。

ペニンシュラ型に突き出たサイドカウンターの向こうはリビング。

ブラインド越しに大量の光の降り注ぐ明るく開放的なダイニング・キッチンからリビングとその向こうのベランダを望む

 

そして、リビングのさらに向こう、ベランダには屋外ダイニング的なスペースが。

リビングに隣接する白いタイル貼りのベランダの屋外ダイニングスペース

 

そのベランダの隣には、サンルーム的な雰囲気の多目的スペースまで作り込んであったりして。

リビングに隣接する白いタイル貼りのベランダの屋外ダイニングスペースとその隣のサンルーム的な多目的スペース ワークスペース

こういうスペースで、お気に入りの音楽でもかけながらコーヒー片手にのんびり読書とか、何をするでもなくぼーっと日向ぼっことか、いいですよね〜。

 

このベランダも隣のスペースも、どちらも幅1.5m×奥行き4〜5m程度、2スペース合計でざっくり8〜9畳といったところ。イメージ的には、フロア全体の一番奥側を1.5m幅で確保して、そこに屋内的な屋外スペースと屋外的な屋内スペースの両方を作ってあるという感じでしょうか。

ベランダの半屋外ダイニングは、季節の良い時期、春、秋やなんかには当然いいでしょうし、真夏の朝夕や、冬でも暖かい日の昼間ならそれなりな感じで、なんだかんだで1年を通じてかなりのシチュエーションで使える使い勝手の良いスペースなのではないかなと。それに加えて屋内側のスペースもありますから、真夏や真冬の暑さ寒さが厳しい時間帯になんかには、ここを必要に応じてエアコンを組み合わせて使えばいいわけで、この2スペースで春夏秋冬24時間365日、いつでも開放感あふれる半屋外的なスペースのある暮らしを楽しめちゃうわけです。うちの自宅にもこんなスペース欲しいです。

まあ実際のところ、9畳分というと結構な広さなわけで、日本の都市部の住宅事情なんかから考えるとちょっと贅沢なスペースの使い方かなとは思いますけれどね。でも、「正直、そこまでスペースに余裕がないよ」というお宅でも、屋内側を、いろいろ使える多目的スペース兼各種道具類の収納スペース、みたいな感じでちゃんと使えるように作っておければ、実質的には9畳の半分、4.5畳分は実用的なスペースとして使えるわけですから、グッと現実的なプランになってくるかなと。

子どもが小さいうちは子ども部屋兼用の多目的スペースとして使っておいて、大きくなったら専有の子ども部屋や子供用の勉強用スペース、もっと大きくなったら、子ども部屋を別に移してここをまた多目的スペースに、みたいな感じで、いろいろ転用しながら使うというのもありかも。

このポストを御覧いただいているかたのなかで、これから家を建てたりリフォームしたりするご予定のあるかたがいらっしゃいましたら、こんな感じの半屋外スペースのある明るく開放的なお宅、検討候補の1つに加えてみてはいかがでしょうか。

( via RUST )Similar Posts:

]]>
http://juutakudesign.com/2017/03/post_1276.html/feed 0
【思い思いの過ごし方】片すみに小上がり的スペースのある明るく開放的なリビングダイニング http://juutakudesign.com/2017/02/post_1275.html http://juutakudesign.com/2017/02/post_1275.html#comments Fri, 24 Feb 2017 05:26:28 +0000 http://juutakudesign.com/?p=14640 片隅の窓際に小上がり的な1段高い寛ぎスペースのある明るく開放的なリビング・ダイニング・キッチンこちらのお宅のこのリビング・ダイニング、ちょっと素敵なんです。   外部に面した壁が一面ガラス張りになった明るく開放的なダイニング。   隣接するベランダにもテーブルとチェアのセットが置いてありまして […] ]]> こちらのお宅のこのリビング・ダイニング、ちょっと素敵なんです。

片隅の窓際に小上がり的な1段高い寛ぎスペースのある明るく開放的なリビング・ダイニング・キッチン

 

外部に面した壁が一面ガラス張りになった明るく開放的なダイニング。

片隅の窓際に小上がり的な1段高い寛ぎスペースのある明るく開放的なリビング・ダイニング・キッチンのダイニングスペース

 

隣接するベランダにもテーブルとチェアのセットが置いてありまして、こちらも屋外ダイニング的なスペースとして使えるようになってます。

片隅の窓際に小上がり的な1段高い寛ぎスペースのある明るく開放的なリビング・ダイニング・キッチンのダイニングとその向こうのテラス

 

そして、リビングエリアの端、窓際のエリアには、床から30cm程度高くなった作りの小上がり的スペースが。

リビング・ダイニング・キッチンの片隅の窓際に作り込まれた小上がり的な1段高い寛ぎスペース

この極端に低い感じ、良いですよね〜。天気の良いポカポカ陽気の冬の日のお昼間に、ここでゴロゴロ日向ぼっことか、これもうサイコーなんじゃないでしょうか。畳を敷いて和のスペースにしちゃうというのもありかも。

サイドには普通のリビングスペースも作り込まれてますから、あっちでは誰かがゴロゴロしてるその脇で、こっちでは本を読んだり編み物したり、みたいな感じで、空間を共有しながらそれぞれが思い思いの過ごし方をする、みたいなのもよろしいのではないでしょうか。

リビング・ダイニング・キッチンの片隅の窓際に作り込まれた小上がり的な1段高い寛ぎスペースを横から2

リビング・ダイニング・キッチンの片隅の窓際に作り込まれた小上がり的な1段高い寛ぎスペースを横から1

そういえばいまさらながら思い出しましたけど、うちの自宅にも、こんな感じの小上がり的スペース、欲しいなと思ってたんですよね。いまからちょうど10年ほど前、今の家を建てる際に考えた初期プランの1つには間違いなく入っていたんですが、なんだかんだとバタバタしているうちにいつの間にか実行プランの中から漏れ、そのままになってしまったという……。

そう遠くないいつの日かやってくるリフォームの際には、是非とも実行プランに盛り込んでみたいものです。ということで、とりあえず「自宅用」のタグをつけておきたいと思います。

( via dezeen )Similar Posts:

]]>
http://juutakudesign.com/2017/02/post_1275.html/feed 0
【階下と緩くつながる透明の壁】空間の拡がりを感じさせられる明るく開放的なベッドルーム http://juutakudesign.com/2017/02/post_1274.html http://juutakudesign.com/2017/02/post_1274.html#comments Wed, 22 Feb 2017 04:01:56 +0000 http://juutakudesign.com/?p=14597 フィンランド南西部トゥルクのアパートメントの鏡とガラスで囲われたロフトベッドルーム1こちらのお宅のベッドルームの雰囲気、ゆったりしてて開放感もあって、かなり素敵じゃないですか? こちらのベッドルーム、よくご覧になっていただくとわかると思うんですけれど、右サイドの壁は実は鏡張り、 そして、左サイドの壁はガ […] ]]> こちらのお宅のベッドルームの雰囲気、ゆったりしてて開放感もあって、かなり素敵じゃないですか?

フィンランド南西部トゥルクのアパートメントの鏡とガラスで囲われたロフトベッドルーム1

こちらのベッドルーム、よくご覧になっていただくとわかると思うんですけれど、右サイドの壁は実は鏡張り、

そして、左サイドの壁はガラス張りになってるんです。

フィンランド南西部トゥルクのアパートメントの鏡とガラスで囲われたロフトベッドルーム2 ガラス

この作り、ちょっと面白くないですか? まあ、置かれているベッドのサイズから考えても、そもそも10畳くらいはありそうな比較的ゆったりとしたベッドルームなわけですけれど、その倍くらいの広さがありそうな拡がりを感じさせられる空間になってますよね。

左のガラスの向こう側は、階下のリビングの上部の吹き抜け。

鏡とガラスで囲われたロフトベッドルームのあるフィンランド南西部トゥルクのアパートメントのリビング1

 

リビングの逆サイドはダイニングキッチンです。

鏡とガラスで囲われたロフトベッドルームのあるフィンランド南西部トゥルクのアパートメントのダイニングキッチン

部屋やフロアをまたがって、別の場所にいる人の存在を何となく感じ取れるような、空間同士が緩くつながっているこういう作り、いいですよね。

 

吹き抜けの導入が難しければ、両サイドとも鏡というのも、それはそれでありだと思います。

フィンランド南西部トゥルクのアパートメントの鏡とガラスで囲われたロフトベッドルーム3 鏡

こういうの、ベッドルーム以外でも、例えばリビングやダイニングなんかに応用しても面白そうです。

こちらのポストをご覧いただいている方の中で、これからお家を建てたりリフォームしたりするご予定のある方がいらっしゃいましたら、内装やフロアレイアウトを含めた各種アイディアの1つとして、こんな感じのガラスや鏡の使い方、検討項目におひとつ加えてみてはいかがでしょうか。

( via Bo Living )Similar Posts:

]]>
http://juutakudesign.com/2017/02/post_1274.html/feed 0
【子ども部屋用アイディア備忘録】複数ならべた造作ロフトベッドとその下の多目的スペース http://juutakudesign.com/2017/02/post_1273.html http://juutakudesign.com/2017/02/post_1273.html#comments Fri, 10 Feb 2017 00:14:00 +0000 http://juutakudesign.com/?p=14595 タイ バンコクのユースホステルのベッドルームに並ぶ2段ベッド2こちらのタイのユースホステル、ドミトリールームのベッドがちょっといい感じだなと思ったのでご紹介させていただきたいと思います。 壁際に複数ならべて据え付けられた、しっかりとした作りの造作2段ベッド。   カーテン […] ]]> こちらのタイのユースホステル、ドミトリールームのベッドがちょっといい感じだなと思ったのでご紹介させていただきたいと思います。

壁際に複数ならべて据え付けられた、しっかりとした作りの造作2段ベッド。

タイ バンコクのユースホステルのベッドルームに並ぶ2段ベッド2

 

カーテンを上手に使うことで、コンパクトながらも、きちんとプライベートが確保できるようになっています。

タイ バンコクのユースホステルのベッドルームに並ぶ2段ベッド1

シングルじゃなくて、セミダブルか、もしかするとダブルに近いくらいの幅のあるこういう2段ベッド、日本ではあまり見かけない気がします。日本人も年々体格が良くなってきてるわけですし、そういう意味では、日本の2段ベッドもこのくらいのサイズがスタンダードになってもいいのかも。これだったら、子ども部屋としてお子さんが小さいうちに導入しても、高校、大学〜社会人になって独立するころまで末永く使い続けられそうですしね。

 

いままでにも何度か書いたことがあるんですが、うちは子どもが2人います。上が男の子、下が女の子、歳は2つ違い。年齢も近いですし、将来的には完全に分かれた部屋が2つ必要になるのは間違いないんですけれど、2人ともまだ小さいので、当面のところは2人一緒の一部屋で考えてます。

で、こういうパターンの子ども部屋をどうやって作り込むかという点について、以前からいろいろと悩み続けてまして、自宅の子ども部屋作りに向けて、2段ベッドやロフトベッドのアイディアをできるだけたくさんストックしておきたいなと思ってるんです。

タイ バンコクのユースホステルのベッドルーム

さすがにこんな感じに、2段ベッドが2つも3つも欲しいというわけじゃないんですけれど、こういう、2段ベッドまたはロフトベッドとその下の空間をうまく組み合わせたようなプランは有力候補の1つです。

 

下段にソファを入れて、ロフト下のスモールリビング的なスペースを作り込んじゃうという手もありますよね。

タイ バンコクのユースホステルのベッドルームに並ぶ2段ベッドとその下に置かれたソファ

こういう上段だけがベッドのタイプのを2つ入れて、1つの下には勉強机をならべて勉強部屋的なスペース、もう1つの下には長机や本棚とソファとかを入れて、いろいろな使い方ができる多目的スペース、みたいな感じにしてみるのもありかも。

まあそれだと、日本でよくある「学習机付きロフトベッド」みたいなのを2つならべるのとあまり違いがないような気もしますけど、造作のものにすることでサイズ的な自由度も上がりますし、部屋の大きさに合わせて各種カスタマイズもできますから、スペースも最大限に有効活用できますしね。

「子ども部屋用に、大きめサイズの造作ロフトベッド」、自宅子ども部屋用のアイディアとして備忘録にストックしておきたいと思います。

造作だと移動が手軽にできませんから、レイアウトについては、将来的の模様替えや部屋分割のプランまで見据えた上でしっかりと検討しておく必要がありそうです。

( via A MILLIMETRE )Similar Posts:

]]>
http://juutakudesign.com/2017/02/post_1273.html/feed 0
【青空の下でリラックス】暖かみのある地中海風のやわらか空間 http://juutakudesign.com/2017/01/post_1272.html http://juutakudesign.com/2017/01/post_1272.html#comments Wed, 25 Jan 2017 03:37:44 +0000 http://juutakudesign.com/?p=14573 地中海風の白い漆喰で作られたギリシャ サントリーニ島のヴィラの屋上の屋外ダイニング&スパスペース自宅にこんな素敵な屋外リビング的なスペースがあったら最高ですよね。   2つ並んだデッキチェアの向こうにはジャクージも用意されてまして、湯船につかって青空の下に広がる街並みをのんびり眺めながら、冷たい飲み物でも […] ]]> 自宅にこんな素敵な屋外リビング的なスペースがあったら最高ですよね。

地中海風の白い漆喰で作られたギリシャ サントリーニ島のヴィラの屋上の屋外ダイニング&スパスペース

 

2つ並んだデッキチェアの向こうにはジャクージも用意されてまして、湯船につかって青空の下に広がる街並みをのんびり眺めながら、冷たい飲み物でもちょっと一杯、みたいな楽しみ方もできちゃうようになってたりして。

地中海風の白い漆喰で作られたギリシャ サントリーニ島のヴィラの屋上の屋外ダイニング&スパスペース スパを上から

実はこちら、どこぞのお金持ちの方のご自宅というわけではありませんで、地中海北東部、バルカン半島とアナトリア半島に挟まれたエーゲ海に浮かぶギリシャのリゾート地、サントリーニ島西部に建つヴィラ的な宿泊施設の屋上なんですけれど、ともかくまあ素敵なんです。

この屋上テラスのくつろぎの屋外リビングから階段を使ってお庭に降りていきますと、そこにはこんな感じの屋外ダイニングスペースが。

地中海風の白い漆喰で作られたギリシャ サントリーニ島のヴィラの中庭の屋外ダイニングスペース

 

屋内はこんな感じ。ゆったりとしたリビング・ダイニングスペースと、

地中海風の白い漆喰で作られたギリシャ サントリーニ島のヴィラのリビング&ベッドルーム

 

その向こうには、シャワーブース付きのベッドルーム。

地中海風の白い漆喰で作られたギリシャ サントリーニ島のヴィラのベッドルームとバスルーム

 

ギリシャとか地中海周辺の地域で見かけるこういう作りの家の室内の雰囲気、ちょっといいですよね。 玄関や窓から入り込んだ光が漆喰の白い壁に緩く反射して、ぼんやりとした明るさの暖かみのある空間を作り出してくれます。この白い漆喰は、屋根に降り注ぐ日光を反射して、建物内部が暑くなりすぎないようにする効果もあって用いられてるんだそうで。

ちなみにですが、この地域は夏場は最高気温が30度を越える日もあって、日本の関東あたりと同じくらいの暑さといったところなんですが、そこはそれ、湿度が少なくカラリとした地中海性気候のお土地柄ですから、30度前後あっても比較的快適に過ごせるんだそうです。冬場も平均最高気温は10度前後はあるそうですから、夏も冬も日本とはちょっと事情が異なるわけですけれど、こういう感じの家、思わず真似してみたくなっちゃうかも。

地中海風の白い漆喰で作られたギリシャ サントリーニ島のヴィラの中庭の屋外ダイニングスペースを上から

 

仮に日本でこういう家を建てるとしたら、関東以南の地域だったら、夏場だけを考えればこういうのもいいんでしょうけれど、それでも冬はちょっと寒い感じになっちゃうんでしょうかね。何かいい手があるといいんですけど。

例えば、

・方角と位置を考えて、夏場の午後に日が当たる箇所を白くする / 真冬の午前に日が当たる部分だけを黒く残す、とか → 真逆の季節に大変なことになりそうな気もしますし、そもそも、そんなふうに的確に塗り分けること自体が難しそうなも……。

・真夏と真冬で屋根や壁の色を塗り直すという手もあるかも → 手間とコストが半端じゃなさそうですし、1度何色かに塗った漆喰を再び完全に白くできるのかというあたりもちょっと疑問です。

まあ、そうそううまいやり方というのもないのかも知れませんし、こういう家に住みたければ、その家の持つメリット・デメリットを理解した上で納得して住むしかないということでなんでしょうかね。

いっそのこと、沖縄あたりに移住してこういう家を建ててしまうというのもありかも。そういえば、沖縄も白い家多いですよね。あれって暑さ対策なんでしょうか。今度また機会を作って調べてみたいと思います。

( via med villas )Similar Posts:

]]>
http://juutakudesign.com/2017/01/post_1272.html/feed 0