【しまえる便利さ】クローゼットの中のワークスペース



この、ドギツすぎるくらいのカラフルさが、何だか妙に気になってしまったもので…。

クローゼットの中に隠されたワークスペース

 

こういう感じの、クローゼットの中に隠し部屋的に作られたワークスペース、たまに見かけるんですけれど、使い勝手的にはどうなんですかね?

特別省スペースになるというわけでも無い気がしますし、作業をするたびにいちいち開けたり閉めたりしなきゃならないわけで、そういった手間も面倒な気も…。

でも、扉を閉めるだけで、作業中の状態を保ったままとりあえず作業場所を隠しておけるわけで、例えばリビングやダイニングの片隅にワークスペースを作ってあるようなケースで、時間の掛かる込み入った作業をしている最中に急な来客があったり出かけたりしなきゃならなくなったときなんかには、便利といえば結構便利なのかも。

そういわれてみれば、小さなお子さんがいるご家庭で、手芸や工芸など、針や刃物を取り扱うような作業をしたい場合なんかにも、こういったスペースがあると、ちょっとした空き時間を使って作業ができて重宝しそうな気もしますね。

 

ただし、片付けがあまり得意でない方は、いつの間にかココが押し入れ的スペースになってしまわないように、くれぐれも注意が必要だとは思いますけどね。

正直自信が無いね…という方は、程よいサイズの作業デスクを用意して、こんな感じの可愛らしいいイメージを目指してワークスペースを作り込んでみてはいかがでしょうか。

カラフルな手芸用のワークスペース

道具類をしっかりと収めておけるだけの棚や収納を用意するのをお忘れなく。

( via Better Homes and Gardens )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>