【リビング脇の寛ぎ空間】全開口スライドドアの向こうのウッドデッキの屋外リビング



自宅のリビング・ダイニングのとなりに、こんな感じのウッドデッキのお庭があったら最高ですよね。

全開口のガラススライドドアでリビング・ダイニングとつながるウッドデッキのテラスの屋外リビング兼寛ぎのスペース

 

全開口のガラススライドドアを開けると、その向こうは、屋内とフラットにつながるウッドデッキの屋外リビング。

ウッドデッキのテラスの屋外リビング兼寛ぎのスペース

休日のブランチをここでとるも良し、コーヒーでも淹れて、ラグの上でゴロゴロひなたぼっこでもしながらのんびり過ごしたり、なんてのもいいですね〜。

ウッドデッキのテラスに玉切り丸太のテーブルとグラス

 

バックに写り込んだ空や建物の感じで既にお気づきかも知れませんが、こちら、一軒家のお庭ではなく、このアパートのペントハウスなんです。

ペントハウスの外観・天窓

 

最上階1フロア。こんな感じの2LDKです。

開放的なウッドデッキのテラスのあるペントハウスの間取り図

 

先ほどのテラスの屋外リビングの逆サイドは、全面ガラス張りの天窓の下の、サンルーム的スペース。

全面ガラス張りの天窓の下のリビングのひなたぼっこスペース

 

その隣は、勾配天井の下にコンパクトなソファを置いた、寛ぎのリーディングヌック的スペース。

勾配天井と天窓の下に置かれた一人掛けソファのくつろぎスペース

 

こちらのペントハウス、なにからなにまで素敵すぎじゃないですか? でも、ペントハウスなんて、やっぱりちょっとハードルが高いですかね…と最初は思ったんですけれど、よく考えたら、この間取りだったら、別にペントハウスじゃなくて、普通の一軒家で問題なく作れちゃうかなと。

お風呂と書斎とクローゼット関係は全部1階に持って行って、2階はリビング・ダイニング・キッチン+テラスとベッドルーム。そのまま単純に作ってしまうと生活動線的な面で問題が出てくるかも知れませんから、日常生活のパターンと照らしつつ、そこらへんはよく検討しておいたほうが良いでしょう。もしかすると、1階にもう1つ、小さめでも良いのでサブのベッドルームを作っておいたりすると、将来的に何かあっても柔軟に使いまわすことができて安心かも。

いいですね〜。ぜひ建ててみたいです。まあ、僕の場合は、仮に今の家をいつの日か建てなおして、そのときにこんな感じのお宅を建てることができたとしても、それはどんなに早くとも数十年は先の話になるとは思うんですけどね…。

( via FANTASTIC FRANK )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>