裸電球のペンダントランプ



ネット上をちょっとウロウロしていたら、結構良い感じの照明を発見したのでご紹介させて頂きたいと思います。

こちら、裸電球そのまんまをぶら下げたペンダントランプの照明です。
ガラスの艶っぽい柔らかさと、電球のぼんやりとした明るさの組み合わせが中々良い感じです。
僕自身、こういった照明を使ったことも無ければ、そもそも、こういった照明がそれなりにメジャーなこと自体知らなかったんですが、世の中的にはこういったタイプの照明、結構あるみたいです。
こちらはイギリスの老舗ランプメーカー、Davey Lightingの室内用ペンダントランプです。
完全な裸電球ではなく、電球をクリアなガラスフードで覆った形になっています。シンプルながらも、ガラスの素材感が感じられて良い感じです。
こういったモダンなタイプのものもあります。
こちらはソケット部分が陶器でできている裸電球のペンダントランプです。さりげないく可愛らしい感じです。
ものによって規格が違いますが、大抵は40W-60W位の電球まで使用できるタイプが多い様で、雰囲気を重視した照明や、間接照明、補助的な照明などであればちょうど良い明るさで使えると思います。
GLOBEの様なアンティークショップでコードとソケット部分だけを購入して、こんな雰囲気で使用してみても面白いかもしれません。
Photo #1 ©Daniel Dionne
Photo #2-5 via Orne de Feuilles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>