電気料金と家の断熱について



冬になると、電気代がものすごく高くなる気がします。

1月の電気料金、なんと35,000円。12月はもう少し安くて30,000円位でした。
最も電気料金が安い時期は月20,000円位ですので、少なくとも月10,000円位は電気料金が違います。
他の家電とかの使い方を考えても、コレは暖房、エアコンの使い方の違いによるものだろうと思います。
毎年冬になると、「家を建てるときに、断熱効果の高い家、外断熱の家にしていたらどうだったんだろう」と、考えてしまいます。
今更ですが、ざっくりと計算してみますと、
(前提条件:現在の電気料金のコストと環境)
・高い時期と安い時期で月1万円違う。年間で考えると、真夏3ヶ月と真冬3ヶ月が高い時期、それ以外の6ヶ月は安い時期、という位で、年6ヶ月(60,000円位)は、「エアコンを頻繁に使って高い電気代を支払っている月」。
・ウチは、3階建ての一戸建て。家は、特別な断熱施工等は一切していない。
・場所は東京23区。
・家族構成は大人二人、幼児一人、乳児一人。小さい子供がいるので、夜間も寝室はエアコンつけっぱなしのことが多い。つまり、真夏、真冬の時期は、一日中、家のどこかの部屋はエアコンつけっぱなし。
・床暖(電気式)はあるけれど、あまり使っていない。ガスファンヒーター等も使っていない(つまり、エアコンの暖房がメイン)。
・同じように1歳半年位の子供がいる友人の家も、1月は30,000円位は電気代がかかったそうな。
電気料金が高い月の差分合計が1年で60,000円、ということは、20年で120万円、30年で180万円(電気料金が変わらない前提で)、ということになります。
ただし、上記の差分の計算は、外断熱などの断熱効果の高い家にした場合に、1年を通してエアコンをほとんど使わない(春や秋の、素晴らしい気候の時期と同じような)生活ができる想定になっています。
実際には、真冬や真夏には多少なりともエアコンを使ってしまう(例え外張り断熱で、外の熱気や冷気をかなり遮断できたとしても、夜の外気が30度を超える熱帯夜に乳児のいる寝室でエアコンを全く付けない、ということはちょっと想像できないので)と思いますので、断熱による電気代抑制効果は、少なめに見て、この三分の二程度と考えることにします。
→一年40,000円、20年で80万円、30年で120万円。
対して、断熱側の施工コストですが、家の断熱方法にも、壁材の中にグラスウールやロックウールを入れて断熱するものや、構造体の外側をすっぽりと断熱材で大ってしまう外張り断熱など色々ありますが、どのケースに於いても、数十万単位での追加コストが発生することは避けられないでしょう(例えば、30坪2階建て、延床面積100平米程度の家を外張り断熱で施工すると、100万円程度のコストが追加になるようです)。
100万円の追加コストをかけて外張り断熱を施しても、コスト的には20年等のスパンで回収することになるわけで、家の断熱、というのは、少なくとも電気料金抑制との費用対効果としては、そこまで劇的なものでは無い(意味がない、という意味では無いです)様な気もします。
子供たちが大きくなって、小学校、中学校に通うようになれば、家でエアコンをつけている時間というのももっと少なくなっていくと思いますし、今現在がマックスだと考えると(僕らが老人になると再びマックスの時期がやってくるわけではありますが)、更にコストメリット的には低くなります。
他方で、断熱効果の高い家にすることには、コスト以外にもメリットがあるのも確かです。
エアコンの風が嫌だ、という人は少なくないと思いますし(スースーする、肌が乾燥する気がする、etc)、断熱効果の高い家にすることで、真夏、真冬などの本当に気候が厳しい時期を除けば、初夏、晩秋などの、「良い季節」に近い感覚を室内で長く楽しむことができる、などのメリットもあります。
最終的な結論の様なものに到達できなくて申し訳ないですが、上記の様な点をふまえて考えると、家の断熱については、コストメリットだけを考えて導入するものでは無い様な気がします。
・「冷房暖房の使用を最小限に抑えられる」という点は、電気料金の面では劇的な改善策にはならない。
・「冷房暖房が嫌い」という人には、コスト面以外でのメリットがある。
・春、秋、という季節が好きな人には、その季節をより長く感じることができるという点もメリットの一つ(夏の前半を晩春や初夏の様に、冬の前半を晩夏や初秋の様に過ごせる。断熱具合によって状況は異なると思いますが)。
・冷房暖房の使用を抑制できるので、エコではある(本当の意味では、断熱材の製造やその施工が、どの程度の環境に対するコストを生じさせるか、という面を考えなければいけないですが)。
生活の中心となる部屋(例えば、リビングダイニング、寝室など)だけを、重点的に断熱効果を高めた施工をする、というのも、施工コストと抑制コストのバランスを取るための一つの方法になるかもしれないと思います。
ココらへん、もうちょっと調べて、機会をみてまた記事を書いてみたいと思います。
あと、ランニングコストとしての電気代が気になる方は、太陽光発電系も検討してみると良いかもしれません。
単純な電気料金のコスト対策に加えて、震災などの災害時の停電対策(蓄電)とか、余ったら売電もできるとか、そういった面でのメリットもあるようですし。
カカクコムで「いっぺんに200社以上ソーラー発電の見積もりが取れる」というのをやっていたので、そのうち時間が有るときに試してみて、そちらも検証(妄想?)してみたいと思います。


太陽光発電 最安値は価格.com

太陽光発電一括見積もり。保険加入の施工販売店を厳選紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>