石畳のパティオとアクセントの色



こちらのパティオの雰囲気、かなり良いですね。
パティオというのはスペイン語で、「中庭」、「テラス」、「住居に隣接する舗装された戸外の場所」という様な意味なんですが、こちらは3番目の意味になるんでしょうか。
基本的には通路の様な場所なんですが、なんとなく、通路だけではなく庭やテラスの様な雰囲気を持っているところが良いです。
家を建てる時に、こういった雰囲気を何とか取り入れたい、と思っていたんですが、まあ、僕のウチは狭いですし、庭が有るわけでも無いですし…。
写真に写っている範囲だけでざっと見ても、幅3m、奥行き10m位のスペースが必要ですので、家のどこかにこういった雰囲気のエリアを作りたいな、と思っても、実際には土地の広さの関係とかでかなり制約されてしまうのが現実という感じでしょうか。
この景色の中に入り込んでくる赤系の色がまた良いですよね。
この石畳の通路に植物の落ち着いた緑の感じの雰囲気と、花やオーニングの、くすんだ原色の感じ(くすんでいる段階で原色ではなく混色ではないか、という気もするんですが、なにせ知識が無いもので、うまいこと言えませんで…)の組み合わせ、かなり好きです。
古びた看板の醸す落ち着いた雰囲気も良いです。
全体としては、何となく西洋風でありながらアジアンチックな感じもするというか、何だか特定の国籍を感じさせない面白さがある気がします。
全然系統は違うんですが、こういった雰囲気のエントランス、というのも、どこかしら共通するような気がします。
こちら、ある親類の家のエントランスなんですが、ここの雰囲気も結構好きなんですよね。
レンガの歩道に濃い茶色の木のフェンス、躯体の白い壁。
全体的に、非常に落ち着いた雰囲気になっていて、そこに何故か陶器が無造作に置かれていいたりして。
ココに上の写真の看板やオーニングを持ってきちゃったら、やっぱりちょっと違うかな、ということで、コチラはこの組み合わせが良いんでしょうね(こんな適当なコメントを偉そうにしていることが、この家をデザインした親類本人に知れたら、怒られそうで怖いんですけど…)。
こういった感じ、土地に余裕が無いと、このまんまで作るのは難しそうですが、どこかに作り込めないもんですかね。
例えば家のリビングに、この要素を持ってくる、とか…。
壁も床もこの落ち着いた雰囲気をイメージできる様な素材や色を持って来て、基本的な内装自体はそんな感じにしておいて、そこに植物の緑、花の鮮やかさと、オーニングや看板の雰囲気を取り込んでみて、という感じで行ければ、この写真のパティオとは全然違うものではありますが、何かしら、こういった雰囲気に近いイメージに持っていけそうな気はします。
言うのは簡単ですけど、やるのは大変でしょうかね…。
Photo #1©Patrick Gage , #2©juutakudesign.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>