暖色に浮かび上がるオープンカフェ 薄いライムグリーンの壁と暖かみのあるライト



こちらの写真、家ではなく街の写真なんですが、なんだかすごく雰囲気が良かったのでちょっとご紹介をさせて頂きます。

全体的な雰囲気がまず素晴らしなとは思うんですが、中でも僕が気に入ったのは、薄いライムグリーンの壁の色と、暖かみのあるライトの組み合わせですね。
この写真自体は長時間露光で撮ってまして、実際の街の雰囲気とは若干異なる雰囲気になっているとは思うんですが、ま、イメージとしてこういったものを持っておくのも良いかな、と思いまして。
場所は、アフリカ大陸北西海岸の左上、大西洋に浮かぶスペイン領カナリア諸島、テネリフェ島北部の海沿いの街、サンタ・クルス・デ・テネリフェというところなんだそうですが、一度行ってみたいです。
よく見ると、道路の両脇にはテーブルと椅子が出て、オープンカフェになってますね。
家の近所にこんな感じの視線が抜けた石畳の道があって、そこにこんな感じのお店があったらいいですよね。
週末の夜は家族でどこかに食事に行って、子供たちは先に家に帰らせてから、ここで一杯ワインとか。
日本でこういった場所を望むのは難しいかもしれませんけれど(あっても混んじゃって、この落ち着いた雰囲気にはならない様な…)、だったら自宅にこういった場所を作ってみよう、というのも面白いかもしれません(お金は掛かりそうですが…。ま、妄想するのはタダですから)。
やはりポイントになるのは照明ですかね。
あまり薄暗くてはこの感じに持って行け無いと思いますので、そこそこの明るさのある照明を7,8m間隔位で設置して、複数の照明の組み合わせで本が読める位の明るさまで持っていく、というのはどうでしょう。
あとは、照明の話でも有るんですが、影も欲しいですね。
明るい場所とそうでない場所が、できるだけ色々な組み合わせで重なり合っている雰囲気、良いと思います。
なので、照明の設置場所も単に均等に配置するんじゃ無く、近い場所、遠い場所、高い場所、低い場所、直接、間接、遮蔽物などを組み合わせて、明るさの濃淡とスペースの中の役割や位置づけを組み合わせたら面白そうな気がします。
といっても、クリップのランプを買ってきていくつもつけてもしょうが無い気がするので、こういったのに使って遊べそうな照明をいつか探してみたいと思います。
壁とかはどうしようも無いので(というか、どういったパターンにも面白さが有りそうな気がするので)、素人の僕にはちょっと考えられないですね…。
家具も良い感じのを何か選んでみたいですね。
やはり一人掛けのソファでしょうか。
この写真に有るような普通の屋外家具の類をこじんまりと置いてみてもいいかもしれませんね。
やっぱ、ホントにやろうと思ったらお金かかっちゃうんですかね…。
Photo ©epSos.de

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>