【絶妙な距離感】吹き抜けのリビング・ダイニングと階上の個室



家族で暮らすリビング・ダイニングを大きな一つの空間として作りたかったら、こんな感じにするという手もアリかも知れません。

コチラ、ブラジル・サンパウロに建つお宅のリビング・ダイニングでして、どうも一般の住宅ではなくてゲストハウス的な建物のようなんですが、正直言ってよくわかりません…。だって、原文がスペイン語な上に、ページがFlashで作られてるせいで翻訳させるのも面倒な感じだったんですもの…
1階フロアはリビング・ダイニングと中庭的な空間になってまして、その上は全面吹き抜けです。
で、階を上がっていったところにそれぞれの個室がある作りになってるんですが、この作りがまた、なかなか面白いなと。
もしかして、個人宅でも別にこんな作りしたら意外と良いんでは無いかと思いまして。
例えば4人家族で暮らしていたとしても、結局のところそれぞれが個室を持っていたら、当然のことながら、「個室にいるか(独りで過ごすか)」「リビング・ダイニングにいるか(皆といるか)」のどちらかになります。
で、「家族が一緒に過ごす」というコトに重点を置いたとすると、先ず第一に、「共有スペースそのものの使いやすさや過ごしやすさ」というものが大事で、「その共有スペースと各個人の個室をどうつなげるか」というのが、その次の課題になるわけです。
このリビング・ダイニングの開放的な雰囲気は、家族で暮らすための共有スペースとして十分に良い感じだと思うんですが、「次の課題」である「個室と共有スペースのつなげ方」がもっと面白いです。
このお宅の場合、リビング・ダイニングが吹き抜けになっているお陰で、「各個室と共有スペースが直接接続された作り」になっているわけです。
これって、アリそうで、よく考えるとなかなか難しいことなのかなと。
リビング・ダイニングと各個人の個室が直接つながっていることって、普通の家では無いですよね。
大抵はフロアが異なるとか、同一のフロアでも廊下を介しているとか、そういった作りになっているのでは無いかと。
仮に、「リビングの壁面のある扉を開けたら、そこがいきなり長男の部屋」みたいな間取りにしたら、きっとお互いにかなり落ち着かないだろうし、実際にもいろいろと不便だったりする気がします。
かと言って、全然別のフロアや廊下を介して隔てられた場所に個室を作ると、場合によっては完全に隔絶されて、家族間のコミュニケーション不足の加速につながって行ったりもするわけで。
そう考えると、この「リビングの吹き抜けの上に個室につながるドアが有る」という配置は、「同一の空間にありながらも適度に隔たっている(又は、別の空間にあるのに適度につながっている)」という絶妙な距離感を実現しているのでは無いかと思ったわけです。
コレがベストな形のかどうかという細かい話はともかくとして(個人的には非常に優れたやり方なのでは無いかと評価していますが)、共有スペースと個人のスペースをこういった形で接続するというやり方は、非常に面白いと思いますね。
ちなみにこのお宅のリビング・ダイニング、ほとんど屋外同然な感じになってます。
コレも個人的にはかなり大好物な感じですが、1年を通じて比較的温暖な気候のサンパウロだからこそという感じでしょうか。
万が一将来沖縄あたりに別荘を建てることでも有ったら、是非とも真似してみたいですが…。
( via domus )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>