【大空間を緩く区切って使う】リビング脇の半個室と窓際のサンルームワークスペース



こちらのお宅、作りがちょっとおもしろいなと思ったのでご紹介させていただきたいと思います。

広さ79平米≒50畳近い大空間のリビング・ダイニングなんですが、

傾斜構造柱と鎧戸で囲われた半個室スペースのあるリビング

部屋のど真ん中に、トラスの一部でしょうか、斜めの構造柱的なものが出てるんです。

 

で、その柱をどうしたかといいますと、その周囲を鎧戸で囲って、半個室的なスペースを作っちゃったりして。

傾斜構造柱と鎧戸で囲われた、リビング内の半個室

このやり方、ちょっといいですよね。

構造上、どうしてもスパンが飛ばせない箇所ってあるじゃないですか。 ビルのみならず、普通の戸建てでも、吹き抜けを作ったり、大きなスペースを確保したいと考えたときに、柱や梁、耐力壁だけで十分な強度が確保できなくて、本当はあまり欲しくない追加の耐震要素を入れなきゃならなくなることってありますよね。

そういったものを、壁の中に隠したりせずにこうやってそのまま使うことで、適度な感じに緩く区切られた、拡がりのある1つの空間として使えるようになってるのかなと。

傾斜構造柱と鎧戸で囲われた、リビング内の半個室スペースからダイニングを望む

 

ちなみにこちらのお宅のリビング、奥側のエリアもちょっと変わってます。

窓際から幅2m弱程度のところをガラスドアで区切って、こんな感じのサンルーム的なワークスペースにしてあるんです。

広いベランダに作りこまれたワークスペース

この開放的な雰囲気、素敵ですね。ガチガチのお仕事をするのに向いているのかどうかはちょっと微妙な気もしないでもないですが、読書とか、ちょっとした書き物をするのなんかには良さそうな感じ。春や秋に季節の風を感じながらとか、よく晴れた冬の日にポカポカ陽気の中で、とか、そういうシチュエーションで、いろいろなことを、のんびりリラックスしつつできそうです。真夏の夜に、冷たい飲み物片手に、みたいなのもいいかも知れませんね〜。

 

鎧戸で区切られた半個室と、ガラスドアで区切られたサンルーム。こういう緩い区切り方をしたスペース、どっちもぜひ自宅に欲しいですな。いつか自宅のリフォームをする際には、こういうスペースをどこかに作れないか、検討候補の1つに入れてみたいと思います。

( via casa.com.br )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>