包まれ感と開放感の共存するコンパクトなベッドルーム



自宅の寝室/子供部屋アイディアとして、「もしかしてコレもありかも?」と思うようなのを発見してしまったので、自宅用の備忘録も兼ねてちょっと記録しておきたいと思います。

コチラのベッドルーム、どうでしょう?
左側のコンパクトなスペース、広さ的には布団が1枚敷けるくらいしかありませんけど、大き目の窓があって、包まれ感と開放感の共存する最高に居心地の良い空間に仕上がっているのでは無いかと。
壁際に作り付けられた棚も良い感じですね〜。
流石にこの作りのままだとプライバシーもへったくれも無さ過ぎですし、仮にこのスペースを子供部屋にするとした場合、勉強机を置くスペースとかも無いのでちょっと無理がある気がしますけれど、もう少しアレンジを加えれば結構現実的なアイディアに出来そうな気が。
例えばウチのような性別の異なる2人兄妹の場合だったら、写真の右側のエリアに更にもう1つ同じようなコンパクトな部屋を作って、真ん中のエリアを兄妹共用のスペース、それぞれを仕切る壁を防音性高めの素材で、という感じにすれば、この程度の広さの空間でも、2人それぞれに個室を割り当ててプライバシーも確保しつつ勉強スペースもしっかり確保、というプランに出来そうです。
勉強部屋的なスペースは家族共用のワークスペースとしてリビングエリアなりに作り込んでしまって、個室のサイズをもう少し広めに取るというプランでも良いかも知れませんね。
更に思い切ってしまうとしたら、左側のこのコンパクトなベッドルームを、子供部屋でなく自分たちのベッドルームにしてしまうという手もアリかも知れません。
大人って、平日昼間は外に出かけて仕事をしているか、自宅に居ても何かしら家事をしてたりするわけで、基本的に自宅の自室でのんびりしていることなんて無いと思うんですよ。
休日等に自宅でのんびりしたいときにはリビングやダイニングに居れば良いわけで、敢えて個室に篭る必要性も無いですし。
その点、子供は学校が終われば夕方ころには家に帰ってきますし、それから自宅で宿題をやったり趣味の時間を過ごしたりというコトがあるわけで、そうやって考えてみると、大人よりも子供の方が自室の必要性/重要性が高いのかも知れないなと…。
そういった意味では、夜は遅めに帰ってきて、朝起きたらすぐに着替えて出かけて、という日常生活を送っている大人のための寝室としては、開放感さえあれば、実はこんな程度の広さの寝室でも必要にして十分という感じなのかも知れないなと。
夫婦2人でこのスペースに一緒にいても息が詰まらなければの話ですけれど…。
夜寝てる間だけだったら、今のトコロはとりあえず大丈夫かな…。
( via dec&you )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>