【古材の持つ味】グリルテーブル脇の吊り棚収納



コチラのキッチン、70年台風レトロテイストながらも、シャレオツとまではちょっと言い難い気もしないでもないですが、両サイドに作り付けられた棚がなかなか良い感じかなということで。

こういう棚、キッチンではあんまり見かけないですよね。
どちらかというと、パントリーとかそういった「収納エリア」的なスペースに入れてありそうなイメージの棚ですけれど、でも、キッチンって作業場所なわけで、こういう収納効率の良さそうなしっかりとした棚を入れて色々な道具類をきっちりと収納しちゃうという合理的なやり方、アリだと思うんですよね。
吊り棚というところがまた、下に棚柱が出てこなくて作業エリア周りもスッキリしますし、独特の雰囲気があって宜しいのでは無いかと。
独特の味がある感じの棚板がまた良い感じですね〜。
コチラの棚板、廃材の再利用品なんだそうで。
新しいものよりも却って高かったりもしますし、インテリアの雰囲気と合うかどうかという問題もあったりしますけど、選択肢の1つとして、こういった素材を使った棚をキッチンの中に作り付けてしまうというアイディアを持っておくのも悪くないですよね。
( via HGTV )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>