【二重の天窓】螺旋階段の上のロフトベッドルーム



こちらのリビング・ダイニングの雰囲気、素敵じゃないですか?

ロフトに上がる螺旋階段のあるリビングダイニング1

明るく開放感溢れるこの感じだけでも素晴らしいと思うんですけれど、この螺旋階段と、上部に見えてるガラスの「何か」が、これまた気になったりしません?

 

このリビングダイニング、逆から見ますと、こんな感じになってるんです。

ダイニングとロフトの寝室に上がる螺旋階段

そう。上に見えていた「ガラスの何か」は、ダイニングの上に作られたロフトスペースの床。つまり、ロフトの床がダイニングの天窓になってるんですね〜。

 

螺旋階段を上がっていきますと…。

屋上へと続くロフトの上の螺旋階段

 

ダイニングの上には、こんな感じのベッドエリアが。

ダイニングの上のロフトのベッドルーム

床の一部がガラスになっていて、天窓から差し込んだ光がそのままダイニングまで届きますので、ロフトを作ってもダイニングの開放感はそれほど損なわれず、こういった、明るくて開放的な雰囲気を保てているわけです。

これ、ちょっと良いですね〜。

「ダイニングの上がベッドルーム」という配置は、もしかするとちょっと微妙なものもあるかもしれませんけれど、来客時にはカーテンでも引いてある程度隠したりできるようにしておけば良いわけですし、何よりも、この明るく開放的な雰囲気を、ベッドルームとダイニングという2大重要エリア双方で享受できてしまうわけで、まさに「一粒で2度美味しい」的なアイディアなのではないかと。

あ、でも、万が一、「ベッドルームが明るいと眠れない」というパートナーをお持ちの場合は、こういうベッドルームを作ると非常に悲しい結果を招く可能性が高いですので、本当にこちらのお宅を参考にする場合には、ご主人/奥様のご意見を事前にしっかりと確認しておくことを激しくオススメしておきます。

 

ちなみに、螺旋階段で一番上の天井まで上ると、

螺旋階段から屋上へとでる天窓

天窓が開いちゃいまして…

天窓から屋上へと出る

屋上に出られちゃうんです。

コレも良いですね〜。

手すりとか、最低限の安全対策は当然必要だとは思いますけれど、後は別に何も無い「単なる屋根の上」でも、季節の良い時期に冷たいビールでも持って上がったら、それだけできっとものすごく気持ちが良いひとときを過ごせちゃうと思うんですよね〜。

( via Stadshem )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>