作成者別アーカイブ: branch_manager_WU

一人掛けのソファ−座るための空間




一人掛けのソファ.jpg

一人掛けのソファは、横に
なることはできず、あくまで
座るためのもの。

このソファでは、本を読む
こととコーヒーを飲むこと、
そして思考を巡らすこと位しか
できない。
寝そべったりリラックスして
テレビを見るためのソファでは
無く、”座ること”に焦点を絞る。

最高に座り心地の良い、自分の体にあったソファを探し、それを、ある空間の片隅に置くことで、その目的となる行動に費やす時間を最高のひとときにすることが出来る。

ソファ:arketipo

都会の家の屋上



近所に住む先輩が建てた家には、屋上があります。
6、7畳くらいのスペースですけど、良い季節の週末には
七輪を出して家族4人でバーベキューをしているそうです。



こんなイメージですかね。

広い屋上.jpg


ちょっと広すぎますか?


こんな感じかもしれません。


屋上から街.jpg



こんなだったら最高ですけどね。

屋上から海.jpg




住宅地では大抵建てられる高さの制限がありますので、
屋根の高さは近隣で同じ位の高さになります。

つまり、屋上を作るということは、イコール、周囲にはそれ以上の
高さのものが無い、視線の開けた空間になる、ということです。


僕の家は3階建てで、3階の天井は天窓になっていますが、

PICT0053さらに窓.jpg


ココに小さな屋上を作れば良かったな、と思いました。


そんなに広くなくても良いと思うんです。
ほんの2畳くらいのスペースでも、2〜3人でちょっと座って
夕涼みのビールを飲む位できますから。



こんな月とか、

屋上から月.png



こんな夕日とかが


屋上から夕日2.jpg


みえたんじゃ無いかな、と思います。
先輩のうちも、夕日がとてもきれいにみえる日があると
いっていました。


今からでも当然作れるんですが、建てるときに作ってしまえば
コストはほとんど0みたいなもんだったな、と思うと残念です。
屋上に上がる方法を考えて、あとはちょっとした手すりを作って
おけば良いだけですから。


近隣の家が皆屋上を作っていると、ちょっと気まずいことに
なるかもしれませんが、とりあえず検討してみて損は無いと
思いますよ。