カテゴリー別アーカイブ: 家具

【居心地の良い上下2段のスペース】リビングの入口の上の低めのロフト



ロフトというと、通常よりも多少は天井が高いスペースに作られていることが多いイメージがありますけれど、場合によってはこういう作り方もありかも知れませんよね。

それほど高くない階高(といっても、2m台の後半はありそうですけれど)のリビング上部に作られた低めのロフト。

リビングの入り口の上に作られた低いロフトとその下のスペース

リビングの入口上部に作られているからというのもあるでしょうけれど、あまり圧迫感も無く、どちらかと言うと、包まれ感のような面白さのある雰囲気を醸してくれてたりするかなと。

 

ロフトの上はベッドルーム。

リビングの入り口の上に作られた低いロフトとその下に置かれたテーブル&チェア

場合によっては、ここにちゃぶ台とテレビでも置いて、ワークスペース兼リビング的な使い方をするという手もありかも。冬になったらこたつを置いて、なんてのも落ち着いて寛げそうで良さそうですね〜。

 

このロフトの下部がどの程度の高さを確保できているのか、正確な数値はちょっと確認出来なかったんですけれど、窓やオイルヒーターの高さから推測するにちょうど2m弱、恐らく1.8m程度といったところだと思います。

低いロフトのあるリビング

ロフトの方もそれほど高さはなさそうで、1.2m〜1.3mといったところでしょうか。高さ1.4m以下であれば日本の建築基準法上もロフト(小屋裏収納)扱いにできるわけですけれど、この作りなら十分その範囲内に収まってくれそうです。

部屋の入口の上に低めのロフトを作るこのやり方、リビングだけじゃなく、ベッドルームとか子供部屋とか、上手に応用すれば色々なところで使えそうな気がします。

※日本の建築基準法では、小屋裏収納は居室として使用することは認められていません。また、本ポストは、法令・条例等に違反することを助長する意図はございません。本ポストを何らかの参考とされる場合には、ご自身の責任・判断でご利用いただけますようお願いいたします。

( via http://nicety.livejournal.com/ )

【頭上から可愛らしく照らす】コーナーの木製アコーディオン壁付けランプ



家を建てる際に、気持ちとお金にほんのちょっと余裕があったら、こんな感じのウォールランプを取り付けられる場所がないかを探してみるというのも宜しいのではないかと。

階段脇の壁に取り付けられた木製アームの壁付けシザーランプ1

この木製のアコーディオンアームの壁付けランプ(こういうアコーディオンアームのランプって、シザーランプとかともいうんですかね)、可愛らしくって独特の雰囲気があって、とっても良い感じじゃないですか?

アングルポイズ的なアームランプを壁に取り付けるというパターンは、以前にも、このポストとか、このポストとかで何度かご紹介したことがあるんですけれど、可愛らしさでは今回のこのランプがダントツかなと。

 

キャビネットをデスクと椅子に置き換えれば、階段脇に素敵なコンパクトワークスペースが出現。

階段脇のデスクの上の壁に取り付けられた木製アームの壁付けシザーランプ

テーブルランプのようにデスクの上のスペースを専有しないというのも良いですね。コンパクトなデスクなんかだと、実用面でのメリットも結構大きいかも。

 

縮めておいてもそれなりのスペースは取りますので、廊下や、頻繁に人が通るような通路的な場所に取り付けるのはちょっと難しいかもしれませんけれど、そういった場所を避けることを念頭に探せば、取付可能な場所は結構色々と見つかりそうな気がします。

リビング・ダイニングや書斎のコーナー近辺なんかは十分にアリな感じですよね。高めの場所に、アームが少し長めのタイプのものを入れるようにしておけば、将来的に家具や物を置くことになっても大丈夫そうですし。

うちの自宅も、あそこのコーナーにこんな感じの照明を取り付けて、その下に座り心地の良い一人掛けのソファでも置いて、おもむろにお父さん専用のリーディングヌックを作ってみちゃったりして…。

( via TIERLANTIJN )