【立体的な空間配置】LDKの上の渡り廊下と中二階



コチラのお宅のリビング・ダイニング・キッチン+ベッドルームの作り、面白くてなかなか参考になる部分もあったりするかなと思ったのでちょっとご紹介を。

コチラのお宅、リビング・ダイニング・キッチンの隣に中二階的なスペースがあるんです。
 
中二階はベッドルーム。
フロア構成はちょっと変わってますけれど、ココまではまあ普通かなと。
 
んで、問題はこのフロアにどう上がっていくのかというトコロなんです。
何のひねりも無く考えていくと、中二階フロアに近いあたりにスペースを見つけて、階段なり、何かしらの「登る手段」を設置することになるわけですが…。
 
このお宅の場合はこんな感じの螺旋階段です。
 
この螺旋階段がどこにあるかと言いますと、リビング・ダイニング・キッチンの中の、先ほどの中二階があるエリアの真逆、キッチンがあるエリアなんです。
 
キッチンの真上は踊り場になってまして、そこにソファを置いて、ちょっとしたセカンドリビング的なスペースを作っちゃったりして。
先ほどの中二階の寝室へは、キッチン側から上がって、フロア全体を跨ぐ渡り廊下的なフロアを通って行きます。
 
この作り、なかなか面白いですよね。
敢えて最短距離になるような場所に階段を作らずに、遠い場所から渡り廊下経由にすることで、リビング・ダイニング側に比べて多少なりともスペース的な余裕のあるキッチンエリア側の空間を上手く利用してます。
 
しかも、キッチンの上にプラス1空間作りこむことにも成功しちゃったりして。
コレ、もしもリビング・ダイニング側に階段を作っていたら、居室空間であるリビング・ダイニングの上にフロアを作るのはちょっと憚られると思いますので、このスペースは作れていなかったと思うんですよね。
階段をキッチン側に作ったことで、メインスペースの上は渡り廊下のみで圧迫感を最低限に抑えつつ、キッチン側エリアの上部空間を有効活用できているわけです。
もしかすると、動線的にコレはどうなんだという話はあるかも知れませんけれど、リビング・ダイニング・キッチンは毎日必ず利用する空間なわけで、ソコから寝室に移動するのに10m余計に歩くことになっても、それまでの負担でも無いかなと思いますしね。
この作り、然程珍しくも無いといわれてしまえばその通りかもしれませんけれど、空間を立体的に捉えつつ、各エリアの位置関係と役割を考慮して検討することで、こんな風にレイアウトを収めることができるんだなと。
( via homedit )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>