タグ別アーカイブ: キッチン

コンパクトなセカンドキッチン



キッチンというのは、広ければ広い程使い易いと思ってますが、レイアウトやスペースの関係上、どうしても広いキッチンが作れない、ということは珍しく無いと思います。

そういうときは、こんな感じに第二のキッチンを作ってしまってはどうでしょう。
流しもあった方が良いですね。
沢山洗い物が出るときには、メインのシンクは料理を作る方、こっちのシンクは洗い物をする方という感じに分けてみたり、鍋やフライパン、激しい汚れ物をこちらのシンクで洗う様に分けてみる、とか。
料理の内容で分けても良いかもしれません。メインディッシュはメインのキッチンで。こっちのキッチンではサイドとスープ類を作る、とか。
コレは収納にも共通することが言える様な気がするのですが、作業スペースとか収納スペースって、100%の稼動状況になってしまうと、とたんに使い辛くなってくる気がします。
大体キャパシティの70%位に納めて、常に3割くらい余裕を持たせておくと、使うのも片付けるものとてもやり易くなる気が。理想を言うなら50%位だともっと良いかも。
「キッチン周りがいつもごちゃごちゃしていてイヤなの!」という方。思い切って、小さなキッチンをもう一つ増設してしまう、というのはいかがでしょう。
Photo ©Telstar Logistics

窓の重要さ – ロフトのリビングダイニングキッチン



このリビングダイニングキッチン、良いと思いまして。

原題では”loft kitchen”とありましたので、ロフトなんでしょう。
このリビングダイニングキッチン、写真を見て一発で気に入ってしまったんですが、よーくみると、結構何の変哲も無い感じがしないでもないです。
考えてみたんですけど、多分この良い雰囲気の全ては、この「窓」によってもたらされているのではないかと。ちょっと想像してみてほしいんですけど、この窓が普通の窓だったら、多分普通のLDKなのではないかと思うんです。
でも、そこに思いっきり大きな窓を持ってきて、埋め込むガラスも、枠の細い格子状のちょっと洒落た奴を持ってきて、カーテンもローマンシェードとかプレーンシェードとかいわれるような、上げ下げ窓に使うようなものを持ってきてしまいます。
そうすると、ものすごい開放感が得られるわけです。
部屋の雰囲気の全てが窓で決まるとはいいませんが、窓によって部屋の雰囲気を大きく変えることができるんだな、と思いましたね。
Photo ©jmatthew3