タグ別アーカイブ: 子供部屋

【入り口の上の秘密基地】包まれ感のあるロフトベッド



ごく近い将来に必要になるであろう子供部屋の計画についてたまに考えるんですが、こういうのも良いかなとか。

ウチは今のところ子供2人なので、2段ベッドというのも選択肢としてはアリなんですが、こんな感じの簡易ロフトベッドみたいなのを作ってしまうのも面白そうですよね。

切妻屋根の形状がそのまま浮き出た斜め天井が独特の雰囲気を醸し出してくれていて、ややもすると相当な圧迫感を強いられてしまいそうな天井の低いスペースを、包まれ感と不思議な落ち着きのある、居心地の良さそうな空間に仕立て上げてくれています。

入り口のドアの上に作られているという作りがまたちょっと面白いですね。
このロフトベッドの上にいたら、ドアを開けて表から部屋を覗き込んでも、部屋の中に人がいるのかどうか一瞬よく分からないですよね。
実際の雰囲気はこの場に行ってみないとよくわかりませんが、なんとなく秘密基地風な感じが。
子供はこういうの好きなんじゃないですかね(僕も好きですが)。

この作りだったら将来的には本来のロフト空間として収納やその他の用途にコンバートすることも簡単ですしね。

子供部屋計画の有力な候補の1つとして記録しておきたいと思います。
( via REMODELISTA )

【かなり秀逸かも】左右対称の2人向け子供部屋



兄弟で性別が違うと、色々考えるのが結構大変なんですよね…。
発想の転換、というほどでは無いかも知れませんけれど、このレイアウト、アリそうでちょっと今まで思いついて無かったかも。
普通、子供2人で2段ベッド風のものを入れるとしたら、「2段ベッド」+「2人分の机」じゃ無いですか。
でも、いわれてみればそうですけど、2人一緒の部屋で生活して、2人で一緒に勉強とかしてても、やっぱりソコはソレ、それぞれ別の生活を送り、別のことをしてるわけですよ。
しかも、双子とかならいざ知らず、大抵の場合には何歳か歳が離れた兄弟(ウチの場合は兄妹ですが)なワケで、ある程度の距離感というものも必要なワケで。
そう考えると、この距離感はちょうど良い感じなのかなと。
こんな感じで、左右それぞれに自分自身の空間が確保されつつも、横を見るとソコには兄弟がいるわけです。
このくらいの距離があると、片方が集中しているときには、もう片方が声を掛けても、「今はほっといてオーラ」で充分に跳ね返せそうです。
とは言っても、「すぐソコにいる」感じは充分にあるわけで、本当にかなり絶妙な感じかなと。
ベッドの下と階段が収納になっているので、それぞれの衣類くらいは充分に収めておけそうですし。
上手にやれば、このベッドと机のコンビで、6畳くらいの部屋で兄妹2人でしばらくはいけちゃいそうですよね。
夜寝るときなんかは、
「お兄ちゃん、まだ起きてる?」「今日ね、学校でね…」
なんつー会話をしたりするんですかね。
いつまでも、兄妹仲良しで居続けて欲しいものです。
少し大きくなってきたら、中心にカーテンでも垂らして多少の死角エリアくらいは作ってあげても良いかも知れませんね。
そういった意味でも、最初からそれぞれに分かれているこのレイアウトは、中々秀逸な気がします。
トコロで、2つ歳が離れた男の子と女の子って、いくつくらいで部屋を分けるもんなんでしょう?
男なんていつまで経っても成長しない感じもしますので、上が中学に上がるくらいまでは一緒の部屋でも大丈夫かな…。