タグ別アーカイブ: 子供部屋

ダイニング脇のクローズドなロフトベッドルーム



子供部屋を作るためのリフォーム案をご検討中のお父様/お母様、ダイニングの脇に、お一つこんなロフトはいかがでしょう?

中二階のロフトベッドルーム

「ロフト」と書きましたけれど(原文でも”LOFT”となってますけれど)、普通の固定式の階段もありますし、天井高も1.4m以上はありそうですから、日本の建築基準法でいうところの「小屋裏収納」的なものには該当せず、「中二階」という方がぴったり来そうな空間です。

 

こんな感じのダイニングの一画を区切って、上部にもうワンフロア作って、上をベッドルーム、下を色々な使途に使える多目的スペースにしてあるわけです。

ロフトのあるダイニング

 

ダイニング側から中二階の下をくぐって、ぐるりと左に回りこむと多目的スペース。

中二階の下の多目的スペース

 

その奥には、上のフロアに上がるための階段が。

中二階のロフトに上る階段

 

階段の上の中二階フロアは、ちょっと天井低めですが、大人でも何とか普通に立って歩けそうなくらいの天井高はありそうです。

中二階のロフト

窓もあって結構明るいせいか圧迫感も無さそうですし、包まれ感があってかえって落ち着けそうな気もしますね。

 

周囲がしっかりと壁で覆われたクローズドな空間になっていますので、ゲスト用のベッドルームなどにも使えそうですし、梯子で登り降りするようなスペースだと、小さなお子さん用の子供部屋などにはちょっと使えなかったり、ものの運び入れもいちいち大変だったりと、色々制限が出てきたりするわけですけれど、こういった固定式の階段があれば、普通のフロアと何ら変わらずに使うことが出来ます。

ダイニング側に面したすりガラスの壁面に小さな窓でも作って、必要に応じて開けたり閉めたりすることで、上下のフロア間のコミュニケーションを調節できるようにしたりしてみるのも面白いかも知れませんね〜。

 

冒頭でも触れましたけれど、この作りだと、「小屋裏収納」的な扱いにはできないでしょうから、容積率不足を改善するための手段にはちょっと使えなさそうですけれど、そういった目的抜きで単純にフロアや空間の使用方法という視点で捉えると、こういう作りも面白さと実用性を兼ね備えた選択肢の1つとしてはありかなと。

うちの自宅のリフォーム案候補にも忘れずに入れておかないと…。

( via RESOLUTION: 4 ARCHITECTURE )

包まれ感のあるシンプルでコンパクトなワークスペース



このワークスペースの雰囲気、良い感じじゃないですか?

コンパクトで居心地の良さそうなロフトのワークスペース

ほんの3畳くらいのコンパクトなスペースですけれど、このこぢんまりとした感じと、大きな窓から差し込む柔らかい光、斜め天井の下の独特の包まれ感のある雰囲気とが相まって、心を静かに落ち着けてじっくりと作業に集中できそうな、何とも言えない絶妙な空間になってくれてますよね。

リビングやダイニングの片隅に、こんな感じの、子どもたちのための勉強スペースを作ってあげたりしても良さそうです。

もう少し天井が高かったり低かったりしても、それはそれで面白い感じになってくれるかも。

( via A Beautiful Mess )