タグ別アーカイブ: 無垢素材

大きな天窓とテラスのある炭化フローリングのリビング



こちらのリビング、とっても良い感じです。

このリビング、天窓があって、コンパクトながらも良い感じのテラスがあって、と、かなりの開放感があるところが良いな、と思ったんですが、よく見ていくと、魅力的なポイントが沢山あるな、と思いまして。
斜め天井にはめ込まれた天窓はかなり大き目で、しかも複数入ってますので、壁の面積よりも窓の面積の方が大きい位です。
せっかく天窓を作るんであれば、この位思い切りよく大きな天窓を沢山入れた方が、開放感も格段にアップして良いと思いますね(暑いとか眩しいとか、そういった問題もあるかもしれませんが)。
斜め天井の包まれ感と、複数の大きな天窓の開放感の組み合わせが抜群です。
奥に見えるテラスも良い感じなんですが、よく見ると、リビングからテラスに続く扉とその脇の壁も凝ってますね。
テラスに出るための扉がガラス扉なのは普通だとしても、その脇の壁までガラスです。
斜め天井に合うようにガラスをカットして入れるとか、ちょっと面倒臭そうな気が…。
でも、ここが普通のコンパネとかの壁か、ガラスになっているかで、部屋全体の雰囲気が相当変わってしまうのではないかと。
こういうのって、普通に思いつけてしまうアイディアなんでしょうか…。
ちなみに、このお部屋、ドイツのHAROというフローリング屋さんがクリエイティブ・コモンズ・ライセンスで公開してた写真でして、メインは当然フローリングなんです。
落ち着いた感じの、少し白味がかった様な濃いブラウンのフローリング、かなり好きな色合いなんですが、「炭化木材のフローリング」という奴らしいです(説明がドイツ語だったもので、翻訳的には非常に自信が無いです。Google様の力も借りてみましたが、口語体だったのか、うまいこと翻訳できませんで…)。
僕自身、炭化木材というのをあまり良く知らなかったので、ちょっと調べてみました。
簡単に言うと、「発火しないよう、酸素を加えないで木材に超高熱を加えて加工した木材」のことらしいんですが、下記の様な、結構良い特徴があります。
・光熱を加えることで、木材の中の水分含有量が数%程度まで低下するので、フローリングの変形、割れなどが起きづらくなる。
・木材が炭化することで、菌やシロアリなどに侵されづらくなって、耐久性が上がる。
・木材内部に細かな空洞ができて、断熱性が上がる。
無垢素材のフローリングの下に床暖房を入れると、反りが出たり縮んだり、ということが起きやすいんですが、炭化木材を使えば、そこら辺の問題も解消できそうです(ウチもクルミの無垢材の下に床暖を入れてますが、はやり縮んで隙間ができてます。ま、それも味のうちだと思ってはいますが。強がりじゃ無いですよ…)。
Photo ©HARO Flooring – Parkett & Laminat

ベイカーブロックのロフトに置かれた重厚な屋外ソファ



こちら、アメリカ ロサンゼルスのダウンタウン、アーティストの集まる街、ベイカーブロックのロフトに置かれた屋外ソファです。

IKEAの屋外家具をこよなく愛し、実際に多数愛用している僕にはかなり縁遠そうな、重厚且つ高級感あふれる屋外家具ですね…。
このソファ、ソファというよりも、(超高級)デイベッドの様に見えてしまってなりません。
このソファが自宅にあったら、毎週末このソファの上でお昼寝をしてしまうと思います。
きっと、本当のベッドで寝るよりも気持ちが良いのではないかと。
冬でも、天気の良い日であれば、そして、肌触りの良い厚手のブランケットでも一枚あれば、お昼寝できてしまいそうな気がします。
最高に羨ましいです。
がっちりとした重厚なソファフレームは、恐らく屋外家具の定番、チーク材でしょうか。
チークの無垢素材を使ってコレだけのしっかりとしたソファフレームを作ったら、それだけで相当な値段になりそうな気がします(余計なお世話ですが、そーですか…)。
クッションについての詳細はわかりませんが、年に数日しか雨が降らないと言われるカリフォルニアという土地の気候を考えると、低反発系などの特別な防水性、耐水性、耐久性を持ったクッションを用いているのでは無く、ごく普通の屋内用のクッションを使用しているのかもしれません。
仮に、雨の多い日本国内で、こういった「高級屋外ソファ」を屋外に設置することが現実的かを考えてみたのですが、答えは恐らく「アリ」なのでは無いかと。
コレほどのしっかりとしたソファであれば、季節や天気によって屋内に移動する、というのは現実的には不可能と思います。
なので、基本的に「雨ざらし」になるわけですが、コレが例えば、重量5kg程度のシンプルな屋外ベンチであったとしても、屋外家具を天候状況に応じていちいち屋内にしまう、ということは、日常生活の中では煩雑過ぎてできないでしょう(僕のウチがまさにそうなのですが、やはり出しっぱなしです)。
要は、気候の問題では無く、メンテナンスの問題だと考えるわけです。
そもそもチーク材は油分を多く含んでおり、古くから船舶用材としても用いられてきたほど耐久性、耐水性に優れていますので、適切なメンテナンス、お手入れさえしていれば、常時屋外に出しっぱなしにしていても大丈夫なはずです。
屋内で使用するのであれば、オイルやニスも不要と言われていますが、さすがに屋外家具として使用するのであれば、長く使用するためには最低限のメンテナンスは必要と思います。
それでも、年に2回程度、適したオイル類やキシラデコールなどを塗る、というメンテナンスを行えば十分だろうと思います。
なので、後はお金の問題さえ何とかすれば、僕のウチにも、こんな感じのソファを導入することは可能なはずなんですが…。
Photo ©ricardodiaz11