壁への絵の取り付け(鬼目ナット使用テスト)



絵と言いますか、コレなんて言うんだろう…。

先日書き始めた「家具の耐震固定シリーズ(未完)」の際にご紹介した鬼目ナットを使って、ちょっとテスト的に壁に何か取り付けてみようと思いまして。
で、ある先輩から下の子の出産祝いに頂戴した、上記の写真の「身長計測ができる絵(絵画用のキャンパスに、子供の身長を図れる様な絵が書いてあるんですが、名称がよくわからなくて…。キッズメジャーとか言うんですかね)」を壁に取り付けてみようと思って試してみました。
で、大失敗に気が付きました!
そもそも、鬼目ナット(今回使おうと考えていたのはDタイプM4長さ20mm)とは、
・木材に埋め込むと、M4のネジ穴が作れる。直径は8mm位(他にも各種タイプあり)。
・使い方としては、埋め込みたい場所に5.7mmから6mm程度の穴を開けて、六角レンチでねじ込むだけ。
というものです。
で、こちらを使うことで、
・何かを壁に取り付けたい時に、壁にぽっかり穴があかなくて済む(替りにネジ穴ができてしまいますが)。
・単なる穴では無く、ネジ穴なので、作った穴は何度でも再利用が可能。
というメリットがある、という目論見でした。
コレを利用して壁への家具類の耐震固定を行えば、模様替えなどで家具を動かした場合にも壁の穴があまり気にならなくて良いのでは、ということだったんですが…。
今回の取り付け結果としてはこんな感じです。
結構適当にやったんですが、そんなに悪くなかったです。確かに目論見通り、何度でもネジを抜いてつけはずしもできるし、万が一、壁のこの場所に絵などの類を何も掛けることがなくなったとしても、残った穴はそんなに気にならなさそうです。
そこは良かったんですが…。
石膏ボードの厚みを計算するのを忘れてました…。
ウチの壁の石膏ボード、厚みが15mmあるんです…。
なので、20mmの鬼目ナットを埋め込んでも、石膏ボードの奥の木の柱には5mmしか入り込んでない事になりまして…。
素人仕事はダメですな。
今回の様に、絵などの軽いものを引っ掛けるためのネジ穴であれば、5mmの深さでも問題なさそうですが、本来の計画の「耐震固定」ではNGだと思います。
だって、目標とする耐荷重は「50kg/鬼目ナット」ですから。
埋め込み深さ5mmでは全然ダメです(真壁など、木が壁の表面に出てきている場所であれば大丈夫ですが)。
事前検証しておいてよかったです。
とりあえず、外径8mm(内径M4)程度で35mm位の長さのある鬼目ナットを探しなおしたいと思います。
そうすれば、15mmの石膏ボードの奥にある柱に対して、20mmの深さで鬼目ナットを埋め込める計算になりますので。
そんなもの無い気がするんですけどね…。
※追記
やはり、そんな長い鬼目ナットは無い様です…。
鬼目ナットの商標を持っているムラコシ精工さんのページで確認したので、多分間違いは無いのでは無いかと…(特許という訳では無い様なので、「鬼目ナット」という名称でなければ、他にもあるのかもしれませんけど)。
で、仕方ないので、耐震固定については、つばの無いタイプの10mmのやつを2つ重ねてねじ込むことでやってみたいと思います。
(別々にねじ込んでしまうとネジ穴が合わなくなるので、M4のネジに予め2つの鬼目を通した上で、それを壁に埋め込んではどうかと。これだったら、つばが無いので、表面の石膏ボード15mmを通り越して、その奥の柱に埋め込めるはずです。)
鬼目ナット自体は石膏ボードの奥まで埋め込んでしまうので、「壁の穴の見た目」は単なる穴になってしまいそうです(35mmとまで言わずとも、せめて25mm長のM4鬼目ナットDタイイプがあれば、この問題も解消できたんですけど…。残念)。
こちらについても、少し対応策を考えてみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>