空を眺める細長いテラス



こちらのテラス、いい感じです。
こういう良さ気な雰囲気の家を見ると、どうしても、「立地が良いからな…」とか、「日本の大都市圏、住宅街じゃ無理かな…」とか考えてしまうんですが、そういった自分自身の考え方自体が良くないな、と思います。
せっかく家を買ったり建てたりするんだから、もっとワガママに自分の求めるものを追求したほうがいいと思いますし、実現できるかどうかは別にして、「こんなイメージのお家、素敵?」的なものを追い求めた方が良いと思うわけです。
実際にその理想を実現するのは結構大変なんですが、だからこそ、「自分の理想に近いもの」を沢山見て、イメージを具体的に固めて、現実とのギャップがどこにあるかということを考えて、というステップをしっかりと踏んでいくことが、1つの解決策になるのでは無いかと。
なので、今後も遠慮なく、こういった「ちょっと在り得ないかも」系の素晴らしいお宅を探していってみたいと思います。
で、このテラスですが、少なくとも作り的には、「作るのが大変」みたいなポイントは全くといって良いほど無いと思いますね。
テラスの幅はせいぜい1.5mといったところですので、家の形状にそれほど大きな影響を与えるとも思えませんし(ただし、一辺の幅を1.5m狭めてしまうので、どちら向きに作るかは、土地の形状と相談が必要だと思いますが)、屋根が有るわけでもなく、非常にシンプルな手摺、床もウッドデッキを張っただけですので、コスト的にもかなりリーズナブルに作れるのでは無いかと。
どちらかというと、「家のどこに作るか」、「何を目的につくるか」というあたりが、最大のポイントだと思います。
そこで暮らす人が、テラスで、どんな時間帯に何をしたいのか、何ができたら嬉しいのか、東西南北どちらに向けて作るか、その方向には何が見えるのか、春夏秋冬、それぞれの季節で、気候や周辺の景色や雰囲気がどうなるのか、というあたりを、実地の検証と想像力を交えながら、具体的にイメージすることが必要だと思います。
それに加えて、具体的なイメージが固まってきたら、家の中の「どのエリア」に作るか、も考える必要があります。
例えば、リビングとダイニングが一続きになっているレイアウトであっても、このテラスがに出るドアが、リビングにあるかダイニングにあるかによって、実際の生活動線的なものはかなり変わってくると思います。
例えば、このテラスを寝室の隣に作ったら、作りも場所も全く同じテラスだったとしても、(良い意味で)全く趣向の違ったテラスになると思います。
理想を言えば、土地を探している段階でそこまでの具体的なイメージを固めてから、そのイメージの要求する条件に合致する土地を見つけることができると良いですよね。
僕自身、土地を買う段階ではそんなことまで色々考えることは出来なかったんですが、実はそういったことを細々と検討してみることが、「家について考える」ということなのでは無いかと思います(考えることができた部分もありますが、もっともっと色々と考えることができたハズ、とも思います)。
いつか再び自分の家を建てることが有ったら(ありますかね…?)、その時には、許される限りの沢山の時間を掛けて、ゆっくりと色々な妄想をしてから土地を探して家を建ててみたいと思います。
Photo ©4mtr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>