【モノ持ちのための収納】たくさんの収納と作業用カウンターのあるロフトのワークスペース



こちらのロフトのワークスペース、ちょっと素敵じゃないですか?

中央に作業用カウンターのある、IKEAものを多用したロフトのワークスペース1

 

PCでの作業とか書き物系は窓際のデスク。そして、実際に手を動かしてものを作るような作業は中央のカウンターで。

中央に作業用カウンターのある、IKEAものを多用したロフトのワークスペース2

IKEAものを多用したロフトのワークスペースの中央の作業用カウンター

なんだか秘密基地みたいな感じ。こちら実は、Erika M. Winterliaさんというスウェーデンのグラフィックデザイナーさんのご自宅の作業スペースでして、充実してるのも当たり前といえば当たり前なんですが、自宅の屋根裏にこんなスペースがあったら、プロじゃなくても、趣味の時間やDIYがめちゃくちゃ捗っちゃいそうですよね〜。

 

このワークスペースで何気に良いなと思ったのが、こちらのスチール製ワゴンの使い方。

IKEAのワゴンRASKOGを2つセットで用いた道具用の収納1

こちら、IKEAのRASKOGというワゴンなんですが、「2つセットで」というところがちょっと良いかなと。同じものを複数用意しておくと、使っていくうちにものが増えたりしたときに収納を組み替えるのもやりやすいですし、当然収納力にも余裕ができますから、ものの整理自体もしやすくなります。1つだけだと、全体の雰囲気にそぐわずに浮いてしまうような、ちょっとテイストの違うものでも、2つ3つセットで入れるとそれ自体が雰囲気を作り出してくれたりもしますしね。

この「セット導入」、実は僕も自宅の収納関係でよくやるんですけれど、結構いいアイディアたど思ってます。道具や雑貨の類をたくさん持っているモノ持ち系の方は、収納を用意する際に、思い切って複数個セットでの購入を検討してみることをオススメしておきたいと思います。

 

ちなみにこちらのワークスペース、その他の収納類もIKEAで統一されてたりして。

IKEAもので統一されたロフトのワークスペースの収納

こうやって、棚やキャビネット、その中に入れるファイルやボックスを、同じ会社、同じ規格のもので統一しておくの、収納の組み換えや増設が手軽にできて便利ですよね。ものがすっきりぴったり収まって気分もいいですしね。

スウェーデンはIKEAのお膝元ですからIKEAで順当なんでしょうけれど、日本だったら、日本が世界に誇る無印で統一という手もありますよね。無印だと、やり方によっては費用のほうがちょっとコワいことになりそうな気もしますけどね…。

( via winterlia design )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>