【ガラスの仕切りを有効活用】2つのオーバーヘッドシャワーのある明るく開放的なバスルーム



こちらのお宅のバスルームの雰囲気、ちょっといい感じだなと思ったのでご紹介させていただきたいと思います。

ガラスの壁で囲われた、明るく開放的なシャワーブース。

ガラスの壁で囲われた明るく開放的なシャワーブースとその脇の洗面エリア

縦長の格子窓の雰囲気がまたおもしろくていいですね〜。折り目の入ったブラインド(のようなもの)、下を残して上部だけ開けてますけれど、プリーツスクリーンというやつでしょうか。バスルームの目隠しにこういう上下両方に動かせるタイプのものを入れておくと、下部分は閉じて外からの視線は遮りつつ、上からは青空と日差し、みたいな使い方ができて便利ですよね。

 

ブラインドといえば、ものはちょっと違いますけれど、うちで使っているIKEAのSCHOTTISというプリーツブラインドもちょっとおもしろいです。

IKEAの和な雰囲気のプリーツブラインドSCHOTTIS

どことなく和な感じの雰囲気がちょっといいなと思って買ったんですけれど、ポリエステルで織った布のような素材でして、ちょっと触った感じは厚手の和紙のような感触。はさみで自由にカットできるので簡単に幅も調節できますし、この写真のように、上部の一部だけカットして小窓を作ったりもできます。190cm×90cmで399円と安価な割には、いろいろなところでちょっと変わった使い方ができて重宝してます。

 

元のバスルームの話題に戻ります。

シャワーブースの頭上には、真上とコーナ、2箇所にオーバーヘッドシャワーが。

ガラスの壁で囲われた明るく開放的なシャワーブース オーバーヘッドシャワー付き

ガラス張りのこの開放的なスペースの中で、2基のオーバーヘッドシャワーから降り注ぐ大量の水の流れに包まれてのシャワータイム、きっとサイコーでしょうね〜。

 

仕切りをガラスにしてしまうこのアイディア、いいですよね。これが普通の壁だったら、かなりの圧迫感のあるせせこましい空間になってしまいそうなところですが、このガラスの仕切りのお陰で、洗面&トイレとスペースを共用にしつつ、限られた広さの中でスペースを有効活用して、開放感のある空間に仕上がってくれてます。こちらのバスルームにはバスタブはありませんけれど、この感じだったら、作りにもう一捻り加えることができれば、バスタブだって十分入れられちゃいそう。

これから家を建てたりリフォームするご予定の方で、「スペースに限りはあるけれど、バスルームはできるだけ明るくて開放的にしたい」とお考えの方がいらっしゃいましたら、「ガラスの壁/仕切り」、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

( Photos #1,#3 via Porch ,Photo #2 ©juutakudesign.com )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>