超狭小RC住宅 “ハウス・タワー”



勝手にタイトルつけてごめんなさい。

ホントは「ハウス・タワー│House Tower([設計] アトリエ・ワン “Atelier Bow-Wow”)」という建物名なんですが…。
このタワー、ホントにスゴイと思うんですけど…。
建築面積18.44平方メートルだそうです。
つまり、5.5坪、11.17畳しか無いスペースに、RC構造の、地上4階、地下1階、合計5フロア(ホントはもっと複雑な構造なんですが)を作り込んでしまったという、驚異的な建物です。
フロアの造りを簡単にご説明しますと、全体を1:2位の幅で分ける様に、まっすぐ階段が入ってまして、各フロア、その左右に色々なスペースが作りこまれています(2階部は、スキップフロアというか、段違いになっています)。
多分、家の中の配置はこんな感じです(畳数=Jは推定ですが)。
4階   テラスフロア(半屋内4J位)
3階   風呂+トイレ(6.5J)+?(3J)
2階(上)ベッドルーム(6.5J)
2階(下)リビング(3J)
1階   ダイニング(6.5J)+キッチン(3J)
地下1階 クローゼット(6.5J+3J)
広々とした空間はありませんが、建坪5.5坪しか無い場所に、(階段を除く居住スペースで)40畳(66平方メートル)以上のスペースを作っている、という点にびっくりさせられます。
しかも、1階のダイニングの上が吹き抜けの様になっていたり、各フロアが階段でつながっていて、空間的にはかなり近い関係になっている様なので、「狭い」という感じではないのでは無いかと思いますね。
狭小住宅といえばそうですが、狭小住宅というよりは、やはり「タワー」の方がぴったり来る感じがします。
上記の写真は模型なんですが、図面でいうと、こんな感じです。
アトリエ・ワンさんのサイトに、建物内の写真などもありますので、興味のある方は是非覗いてみてください。
この建物、かなり魅力的で面白いと思うんですが、1つだけ気になったことが…。
扉が一つもないんですが、夏とか冬とか暑いとか寒いとか空調とか、そういったあたり、どうなってるんでしょうか…。
RC構造ですので、夏は多分結構涼しいのではないかという気はします。
上の方のフロアには熱気がこもったりしそうな気もしますが、3階のお風呂、4階のテラス辺りで窓を開けて熱気を逃せば大丈夫かな、と。
冬はどうなんでしょうね…。
寒いんでしょうか。
暖めて暖めても温かい空気は上に上がって行き、冷えたRCの躯体で底冷えしてしまうのでしょうか…。
恐ろしいです…(余計なお世話ですが)。
そういえば、こういった家こそ、暖炉とかを入れるといいのかもしれません。
RC構造の家に住む某先輩の家でも、11月後半くらいから、ひたすら暖炉に火を入れ続けているそうです。
この間、2月中旬頃にお邪魔して深夜まで夜遊びしてたんですが、その時もそんなに寒くなかったですね。
ま、その時は、暖炉の目の前で遊んでたから、というのもあるのかもしれませんが、「そんなに」というより、「全然」寒くなかったです。
1階のダイニングに暖炉を設置して、煙突を2階のベッドルーム辺りまで通しておけば、遠赤外線と熱気両方で、下から建物全体を結構暖めてくれそうな気がします。
Photo #1©seier+seier , #2©yusunkwon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>