カテゴリー別アーカイブ: 家具

【遊び心と実用性】ダイニングのガラスキャビネット



ダイニングルームに必ずあるものって何ですかね?

家族皆で食事をする場所ですから、ダイニングテーブルと椅子が必要なのは当然なんですが、実は食器戸棚も必須に近い家具の1つだったりするのかなと。
メインの食器戸棚とは別に、ダイニングエリアの中にこんな感じの可愛らしいガラスキャビネットが1つ置いてあるのって結構良い感じだと思うんですよね。
観音開きの扉が各段毎にそれぞれ分割して開くようになってます。こういう可愛らしいキャビネット、欲しいですね〜。
ダイニングにこんな感じのガラスキャビネットを置いて、食事の状況に応じて適宜取り出したいような類の食器、例えばグラス類なんかを入れておくと、キッチンとダイニングの間の動線を最適化するのにも一役買ってくれちゃいますし、それよりも何よりも、お気に入りの食器類とか雑貨とかを生活空間の中に良い感じにディスプレイ出来ちゃうのって、毎日の生活をより楽しくしてくれる日々の喜びの1つになってくれるのでは無いかなと。
この写真を見てて思ったんですけれど、今どきはダイニングに食器戸棚やキャビネットを置いていない家ってそれほど珍しくも無いですよね。
僕の周りの友人や先輩の家を思い出してみても、半分くらいの家ではダイニングに食器戸棚やキャビネットを置いてないかも。
システムキッチンや収納システムが進化したお陰でキッチンエリアの中に必要にして十分な収納が確保できているから、というのが主な理由なのかも知れませんけれど。
あとは、都市部なんかだと、狭小住宅化の影響でそもそものダイニング自体のスペースに余裕が無いからというのも1つの理由なのかも知れませんね。
でも、動線や遊び心的な面も含めて考えると、ダイニングエリアにこんな感じの収納設備を作ることを検討しておくのって、家造りの結構大事なポイントな気もするんですよね。
居住スペースや家具のレイアウト、動線などの生活の全体的な部分にも関わる話ですし、耐震とかそういった点が気になる方もいらっしゃると思うので、やはり家を建てる計画段階でどうしたいのかをしっかり検討して、その結果を盛り込んでおけると嬉しいのでは無いかなと。

【書斎の代わりに】包まれ感のある大き目ワークデスク



自宅に書斎を作る代わりに、ちょっとしたスペースを見つけてこんな感じのワークデスクを置いてしまうというのはどうでしょう。

コチラ、オランダのデザインスタジオ”Aandacht”が手がける木製家具ブランド “SLOWWOOD”のワークデスクなんですが、シンプルながらも機能性に富んだデザインがなかなか良い感じかなと。
棚と抽斗が一体になっているので、このデスク1つ置くだけでどこでもワークスペースにできちゃいますし、気分にあわせてちょっと移動してみたり、レイアウト変更や模様替えなんかにも簡単に対応できちゃいます。
左右に机上衝立パネル的な板が作り付けてあるトコロがまた良いですね〜。
この作りだとデスクを壁際に限らず色々な場所に置いたときにも使い易そうですし、何よりも包まれ感があって集中力を発揮できる感じになってくれそうです。
幅広なデザインのせいか、ぱっと見コンパクトなワークデスクのように見えるかも知れませんけれど、そんなコトはありません。
幅141cm×奥行き75cm。普通のオフィス系デスクでいえば袖机付きのフルサイズデスク相当くらいといったトコロでしょうか。
このくらいのサイズがあれば、少なくともデスク上のスペースとしては相当ゆったりとした使い方が出来るのでは無いかと。
書斎という専用の空間を確保するというのも確かに魅力的な選択肢ではありますけれど、書斎を作らない代わりにその分リビングを広くして、片隅にこんなデスクを幾つか並べて大人用のワークスペース兼子供たちの勉強エリアにするというやり方もアリかも知れないなと。
思い切ってこのくらいのスペースの中で事足りるように頑張ってみるというのも1つのやり方だと思いますしね〜。