カテゴリー別アーカイブ: 業者とのつきあい方、物件探しなど

建築家の自宅オフィス



家を建てるときに、自宅にも仕事場が欲しい、とか、自分専用のスペース、書斎が欲しい、という方は多いと思います。

でも、どんな空間を造れば良いのかが、今イチ「ピン」と来ない、という方が多いのではないでしょうか。

結果的に

「ま、とりあえず、6畳とか8畳とかの空間を確保しておいて、後から色々考えれば良いか」

となってしまうのがお決まりのパターンな訳ですが・・・。

間違いなく、

家を建てるときにやってしまった方が楽です。

引っ越した後で、忙しい合間を縫って自分であれこれやる、というのも楽しいものですが、僕の周りでは「引越しの段ボール全部開けるのに半年かかったよ」的な人が圧倒的に多数でした。

つまり、

多分そんな事してる時間は無い

訳です。

と、言う訳で、前置きが長くなってしまいましたが、ちょっと良い感じの「建築家の自宅オフィス」をご紹介しておきたいと思います。


SOHO


 

こちら、Jeremy Levine Designの作った”Home Office”です。

非常にシンプルな内装ですが、広い机兼作業スペースのカウンターがあって、沢山の棚があって、光を沢山取り入れる大きな窓があって、良い感じです。

ご自宅に書斎が欲しい、という方、建築家さんとか工務店さんとかに、具体的な写真を見せて、「こういう空間が欲しいんだけど」と言っておくことをお勧めします。(別にこのサイトの写真じゃなくても良いんですけど。)

Photo ©Jeremy Levine Design

作り付けの棚と自作の棚-IKEAや無印良品の活用



家を建てるときに、できるだけ色々と遊びたいと思って、出窓とかニッチとかを沢山作りました。

下の写真は、暖炉を埋め込んだ壁面に作った棚です。
木材を適当な大きさに切ってもらって、壁に取り付けて、壁と同じ塗料で塗ってもらっただけのシンプルなものですけど、ちょっと何かを飾ったり、ということが手軽にできて、とても良かったと思ってます。
でも、家を建てる段階では、はっきりとレイアウトとかが決まってない等の問題もありますし、遊びだけのための棚を気軽に作る、というのも少し勇気が要ります。
で、ウチで活用しているのが、無印良品で売っている無垢材の棚です。
はっきり言って、コレ、僕的には相当なヒットです。
無垢材をL字に組んだものを、ちょっとしっかり目の画鋲みたいな取り付け部品で壁に取り付けているだけなんですが、相当いい感じ。しかも1,900円という素晴らしい価格で提供されています。無印良品、侮れません。
洗面所に棚がもう一個あると便利だな、と思ったらこんな感じで。
キッチンに小さめの棚を追加したいな、と思ったらこんな感じです。
二つ組み合わせると、書斎の脇に小物&文房具置き場が出現。
取り付け自体も工具不要で5分くらいでできますし、10個くらい買い置きしておきたいくらい気に入ってます。(実際、1個買ってみて、あんまりにも良かったので、その翌日に3個追加で買ってしまいました。)
同じ様な系統では、IKEAの棚も中々と使えます。
IKEAは相当色々な種類の棚を出していますが、これはLACKというシリーズの棚です。
30cm×30cmくらいのもので、何とわずか990円。造りが粗いというネックもありますが、IKEAのコストパフォーマンスの高さはかなりのものがあると思いますね。
PICT0016_[0].jpg

PICT0018_[0].jpg


キッチンのカウンターの上に、ちょっとものを置いておけるスペースが欲しいな、と思ったので、壁に2個並べて取り付けてみました。炊飯器とポットを置いていたスペースの上に棚を作って、棚の上にポットとコーヒー関連のものを置いてます。下は炊飯ジャーとグラス等を納めている棚を置いています。こうする事で、カウンターのスペースを有効に活用できます。

建てる段階で大工さんに作ってもらった棚、というのはやはり良いものですが(デザイン的にも納まり的にも。特に、壁と同じ色で塗ってもらうと相当雰囲気が出ます。)、決められないものはしょうがないです。こういう選択肢もある、と知っておけば、決められるところは工務店にお願いして、あとから欲しくなったものは自分でやる、という風に色々と落ち着いて考えていけます。