【遊び心でリフレッシュ】ゴールドとサブウェイタイルのゴージャスなバスルーム



こちらのお宅のこのバスルーム、いいですね〜。

サブウェイタイル貼りの浴室に、ちょっとゴージャスな雰囲気のあるゴールドの幾何学模様のカーテン。

DIYでリノベーションしたゴールドとサブウェイタイルのバスルーム

 

鈍い輝きを放つ真鍮の金物がまたいい感じ。

サブウェイタイルと真鍮のコントラストが素敵なバスルーム

 

逆サイドの洗面スペースはこんな感じ。

ゴールドのフレームの洗面鏡のある洗面台

鏡のフレームのこのギラギラした感じ、古代エジプトの王族の装飾品みたいですな…。

その脇には、さらにこんな感じに、アクセサリー類をそのまんまぶら下げちゃったりして…。

洗面台の脇に吊り下げられたゴールドのアクセサリ

ここまでやっちゃうというのはどうかという気もしないでもないですけれど、お風呂くらい、このくらいきらびやかでもいいですよね。

 

シャワーエリアの脇には、こんな感じのニッチの物置まで作ってあったりして。

サブウェイタイルのバスルームに作られたペニータイルのニッチ

ニッチ内に貼られてるこういうタイル、ペニータイルっていうんでしょうか。こういうことすると、それだけ手間もコストもいちいち膨らんでいきそうで、他人事ながらちょっと怖いような気もしますけど、この遊び心の発揮っぷりは素敵ですよね〜。お風呂ひとつとっても、やろうと思えばここまでやれちゃうものなんだなと。

 

ちなみにこのバスルーム、もともとはこんな感じだったバスルームを、

DIYでリノベーションしたバスルームのリノベーション前

DIYでリノベーションした洗面所のリノベーション前

こちらのお宅にお住まいの、Dayka Robinsonさんというインテリアデザイナーさんがご自分でDIYでリノベーションして作り込んじゃったものなんだそうで。

掛かった費用、なんと3,000ドル…。3,000ドルって、1ドル120円換算で36万円ってことでしょうか…。いくらなんでも、それはちょっとやり過ぎといいますか、少なくとも個人でコツコツとリノベーションするという範囲は出ちゃってるような気がしないでもないような気もしますが、まあ、こういうのは好みの問題ですから。

それに、自宅のバスルームがこんなだったら、毎日が、それまでよりもちょっと楽しい感じになってくれるような気もしますし。毎朝このバスルームに入るたびに、気持ちがいい感じに高揚したり、日々のドタバタで疲れた体が毎晩ここでリフレッシュされて、気持よくベッドルームに向かうことができるようになるんだと考えれば、たかが3,000ドルなんて、お安いもんですよね。

( via dayka robinson designs )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>