タグ別アーカイブ: ハンモック

【開放的で涼しげ】ロフト&ハンモック付きの書斎



コチラのワークスペース、収納力のありそうな大きめの造作棚なんかもありまして、シンプルですけど、なかなか良い感じですね〜。

この梯子はなんでしょう…?
わざとらしいですか、そーですか。
この梯子、上がっていくとですね。
上はこんな感じのロフトのベッドルームになってるんです〜。
同じ作りで作り付けられた棚も良い感じですね〜。
しかもこのロフト、ハンモックもついてたりしちゃうわけです〜。
涼しげでサイコーに気持ちが良さそうです。
以前にも「吹き抜けの上に張られたハンモック」というのをご紹介したことがありまして、あれもなかなか気持ちが良さそうでしたけれど、コレも良い感じですよね〜。
休日の午後、そっとこのスペースに来てコーヒーでも飲みながら一人静かに読書に耽ったりしたら、ものすごくリフレッシュ出来てしまうのではないかと。
お仕事の合間でも、ここに上がってきたら資料とかに目を通しながらでも一息入れられそうな感じがしますけど、そんなコトし始めたら最後は仕事にならなくなっちゃいますかね…?
こんな感じにロフト脇にハンモックを張っておくと、開放的で気持ちの良いスペースが1つ増えるのもさることながら、小さなお子さんがいるご家庭なんかでは安全面にも役立って良いさそうですね。
ウチもリフォームするときに吹き抜けにハンモック張っちゃおうかな。
( via arch dialy )

屋内に張られたハンモック



こういうのもアリなんですかね…?

階段エリアの上の吹き抜け状になった部分に、ハンモックを張っちゃってます。
確かにこの部分って、上のフロアの床にするのはちょっと難しくて、仕方ないんで手すりとかをつけて吹き抜け状のよくわからない空間になってしまう、というのが一般的だとは思うんですが、そこにハンモックを張るというのは意外と良いアイディアかもしれません。
上から見るとこんな感じです。
何だかとっても不思議な雰囲気を楽しめそうな気がします。
こんなところで本を読んだら気分が良いかもしれません。
自分のうちにこんな空間があったら、「空中書斎」とか名付けてしまいそうです。
下から覗かれたらちょっと落ち着かないですかね…。
でも、風の通り道になってたりしたら、夏場でも気持ちよく過ごせるお気に入りの場所になりそうな気もします(冬はどうですかね…?寒いかな…)。
ウチの階段も子供の転落防止にネットが張ってあるんですが、ネットじゃなくてハンモックにすればよかったかも。
というか、今からでも遅くないので、この夏、家の中のどこかにハンモックを張れないか考えてみたいです。
先ず無難なところでは、吹き抜けのところですかね。
「吹き抜けにハンモック」、何だかとってもワクワクします。
あとは、思い切ってリビングとかダイニングの上とか、書斎の6畳間の一角に張ってみても面白いかも良いかもしれませんけれど。
ハンモックってどうやったら張れるんですかね?
耐荷重的に言えば、余裕を見て大人が3人位乗って更に揺らしても大丈夫な位の強さは必要だと思いますので、なんだかんだで500kg位は必要ですかね。
で仮に4箇所で留める作りにするとして、均等に割るとしたら各125kgという感じでしょうが、ハンモックの構造的に荷重の均等割はできなさそうな気がするので、結局一箇所辺り200kg位耐えられそうなピンを4つ位作って、それで留めるという感じでしょうか。
4本で留めると、もしも万が一どこかのピンが抜けたりしたときにアンバランスな感じになって非常に危険そうな感じがしますので、この際、5本のピンで各ピン200kgの荷重に耐える設計にしておく、位の余裕を持った設計が良さそうです。
そうすれば、どこか一本抜けても残り4本で台形を保って、耐荷重も800kgは確保できてますので、これなら充分なのではないかと。
ここまで行くとちょっと素人では難しいかもしれないので、ホントにやるとしたら工務店さんに相談したいと思います(万が一どこかが外れて落下とかしたら、ホントに危ないと思いますし)。
でも、上記レベルで作るなら「大人が3人乗っても大丈夫」位の相当しっかりしたハンモックができてしまいますが、冷静に考えたら耐荷重1トンもあるわけです。
そこまでしっかりしたものを作るのでは無く、割りきって「大人が一人、ソーっと乗って使う前提で、場合によっては落ちることもアリ」位で作るんだったら、耐荷重はこの5分の1位で充分そうですし、それだったら個人でも作れるかもしれません(試してみる方は、あくまで自己責任でお願いします)。
何にせよウチは子供が小さ過ぎてまだちょっと駄目ですかね。
絶対に転落しない様な作りで張れるならアリかもしれませんけど。
いつかはやってみたいものです…。