タグ別アーカイブ: 斜め天井

【ぐっすり眠れそう】布の張られた斜め天井の下の寝室



このベッドルームの雰囲気、ちょっと良い感じだなと思いまして。

布の張られた斜め天井の下の屋根裏のベッドルーム

何が良いって、単純に、斜めになった天井の下というだけでも、何だか包まれ感のようなものがあって、落ち着いてぐっすり眠れそうな感じがするわけですが、そこに加えて、天井に布が張ってあるところがまた良いですよね〜。

言葉で表現するのがちょっと難しいんですが、包まれ感に、柔らかさのようなものが更に追加になると言いましょうか、何と言いましょうか……。

 

こういうアイディア、世間一般ではそれなりに知られたものなのかどうかよく分からなかったんですが、気になったので調べてみたところ、こういうことをやってる方、意外と沢山いらっしゃるみたいで。ただし、僕が見つけたのは、照明の下にのエリアに布を張って、布を通した柔らかな光を間接照明的に使うような目的というパターンが多かったみたいですけれど。

でも、なんにも無いところにこんな感じに布を張るというのも、それはそれでありですよね。

 

天窓の下にこんな感じの布を張れるようにしておくというのもありかも。

天窓の何倍も大きな、天井全体を覆えるくらいの布を張って、そこに太陽の光が不規則に反射するのを楽しんでみたりするのも面白そうですし、もしかすると、遮光素材の布を組み合わせてみたりすると、天窓を介した換気性は保ちつつ、光の流入を上手にコントロールできて、「自然換気で夏場も涼やかな天窓の下のベッドルーム」みたいなを作れちゃうかも?

( via Artistic Odyssey )

【ヒミツの通路付き】斜め天井の下のロフトの子供部屋



こちらのワークスペース、素敵じゃないですか?

天窓と造作カウンターテーブルのある斜め天井の下のロフトの子供部屋

決して広々という感じではありませんけれど、がっちりとした造作のカウンターテーブルと、壁面にはそれなりの収納力のありそうな造作棚も用意されてたりして、2人で並んで作業をする程度であれば必要にして十分という感じです。

斜め天井の下の作業スペースという若干厳し目の条件ですが、3つ並んだ天窓のお陰でヘッドクリアランスもある程度確保でき、開放感と包まれ感の共存する良い感じのスペースになってくれているのでは無いかと。

 

こちら、どちらかのお宅のホームオフィス的なスペースなのかと思いきや……。

実は、子供部屋なんです。

天窓と造作カウンターテーブルのある斜め天井の下のロフトの子供部屋の図面1

 

先ほどのカウンターテーブルの背後のエリアには、こんな感じの造作2段ベッドが作り付けられてます。

造作2段ベッドのあるロフトの子供部屋

 

しかもこの2段ベッド、上段の上には、こんな感じヒミツの通路が作られてまして……。

プレイルームへとつながる造作2段ベッドの上段

 

そこを抜けていくと、ロフトの最上部のプレイルームに出られるようになってたりして。

ロフトのプレイルーム

 

何か、忍者屋敷みたいで面白く無いですか? こういうの、子供はもちろんのこと、大人でも何だかちょっとワクワクしちゃいますよね。

 

当たり前ですが、プレイルームには、逆サイドに作られた、普通の階段から上がってくることもできるようになってます。

天窓と造作カウンターテーブルのある斜め天井の下のロフトの子供部屋の図面2

ロフトのプレイルームへとつながる階段

 

子供部屋エリアだけで10畳ちょい。それに加えてプレイルームが5〜6畳。斜め天井の下のスペースを立体的・効率的に使っているとはいえ、それなりの面積を専有してはいますので、子供部屋としては結構贅沢な感じかなとは思いますけれど、スペースが許すならば、こんな感じの子供部屋を作ってあげてみたいですよね〜。

この作りだったら、将来的に部屋を分けたりリフォームしたりする必要が出てきたときにも、ちょっと手を入れれば、色んなパターンのレイアウトを柔軟に考えることができそうですしね。

( via arch daily )