タグ別アーカイブ: 斜め天井

【面白さと実用性の共存】遊び心を満たすこだわりの窓



家を建てるときに検討にすべきことというのは非常に多岐に渡り、当然後々の後悔の種になるものも一杯あるわけですが、後々「あぁ…」と思うコトになる最たるものは、実用面ではフロア内のレイアウトや動線関係、そしてデザインとか雰囲気とかそういった関連で言えば、「窓」絡みのモノが多いのかなと。

窓って本当に自由で色々なことができて面白くて大切で、そして後からではホントどうしようもないという…。
少々いじったからといってそれほどコストが嵩むわけでもないですし、そして、換気、断熱、冷暖房、採光、雰囲気など実生活にまつわるあらゆる面に関わってくるのも確かなわけで、これから家を建てようという方は、面白さと実用性双方を追求するためにも、窓まわりについては考えて考えて考え抜いてから決定した方が良いのでは?と思ったりもします。
前置きが長くなりましたが、というわけで、そういった方々のためにちょっと良い感じの窓のあるお宅を1件ご紹介しておきたいかなと。
コチラ、アパートのロフトハウスをリノベーションした物件なんですが、どうでしょう?
斜め天井のベッドルームに、6つ並べてはめ込まれた大きな天窓。
包まれ感と開放感の双方が共存する、かなり面白い雰囲気の寝室に仕上がっているのでは無いかと。
日中帯も相当明るくて解放感があると思いますけれど、これだけ大きなサイズの天窓をこんな風に並べてあるわけで、方角さえ良ければ、夜はベッドの上から星空や満月を楽しんだりもできそうです。
ただしこれだけのサイズですので、夏場の暑さ対策/冬場の冷気対策として、遮光/断熱/冷暖房関連の考慮は必須ですかね…。
リビング・ダイニング・キッチンの窓も面白いです。
ダイニング・キッチンとテラスの間は、全面ガラスのスライドドア。
近代的なアルミサッシで無く、格子窓風なトコロがまた良いですね。
リビング側は斜め天井になってまして、コチラはシンプルに天窓を1つだけ。
このお宅を建てた方がどのくらい窓にこだわりを持っていたのかは知りませんが、こんな感じの「面白さ」のある色々な窓を、しっかりと検討を重ねて実用性を兼ね備えた形で作り込むことが出来たら、サイコーに嬉しくて宜しいのでは無いかと。
( via HomeDSGN )

【夢が広がる屋根裏部屋】ロフトのワンルームハウス



屋根裏部屋って、なんだか「面白い何か」がありそうな響きでちょっとドキドキしますよね。

とは言え、実際に家を建てて住む段になると屋根裏部屋も貴重なスペースの一部なわけで、収納にしてみたり、ロフトの寝室にしてみたりと現実的なアイディアになっていく訳ではありますが…。
どうせやるなら、このくらいの普通の居住空間を作ってしまうというのもアリなのでは無いかと。
コチラ、カーポートの上部をリノベーションして作ったバケーションハウスなんですが、リビング・ダイニング・キッチンにベッドもセットで置いたワンルーム的な居室空間と、これ以外にシャワールームもしっかりと作ってあったりします。
ひとり暮らしには贅沢すぎ、夫婦2人でも充分に住めるくらいのサイズです。
メインのベッドの右側に見えているのは据え付け型のベッド。
バケーションハウスなので、皆で泊まれるようになってるわけです。
キッチンの天窓からは青空。

ややもすると薄暗く圧迫感のある感じになってしまうトコロ、斜め天井の包まれ感と開放感をバランス良く感じられるように持って行っています。


収納エリアしたり寝室にしたりと、ロフトの活用方法にも色々なアイディアがありますけれど、中途半端に色々と作りこむくらいだったら、可能ならば思い切ってこのくらいを目指してみるのも良いかも知れません。

スペース的にもコスト的にも相応の負担が発生するのは確かでしょうけれど、このレベルの空間を作っておければ、「夫婦2人の間は人に貸して副収入源」「将来は子供部屋」「もっと将来は更に手を入れて半2世帯にコンバージョン」など、使途の幅が格段に広がりそうです。
何よりも、そういうことを色々と考えたりするのって夢が広がって楽しいかなと。