タグ別アーカイブ: 自宅用

屋内の箱の中のベッドルーム



コチラの「部屋の中に出現した木の箱」、かなり面白いアイディアなのでは無いかと。

部屋の中にこんな箱を作ってしまおうと考えついたのは、お部屋のオーナーのブノア夫妻でして、このロフトスペースのリノベーションをどうしようかと考えていたときに「箱」をつくることを思いついたんだそうです。
階段の下の部分はクローゼットになってまして、しかも、階段を登った上のエリアはドレッシングルームになってるんだそうです。
で、箱の中はといいますと、こんな風に独立したお部屋になっていて、ココはベッドルームとして使用しているんだそうです。
ちなみに、箱の中に入っていく入り口がある面は、全面が巨大本棚になってます。
この「箱」、サイズはといいますと、16ft×17ft×10ft、とありますので、大体4.8m×5.1m×3m、ということになります。
内部の写真とかがイマイチ無かったんですが、あんまりにも面白そうだったので、思わずGoogle SketchUpで画を書いてしまいました…。
階段のある面はこんな感じです。
この階段を登ると、上に中二階的なエリアがあるわけです。
つまり、この「箱」が、天井の高いロフトエリアを1.5フロア位に分けてくれているという…。
で、左側に回りこむと、「箱」の中に入っていくための入り口があります。
一面に作り付けられた本棚の収納力は相当なものだと思いますね。
幅4.3m×高さ3mですから、普通の家の本棚で言えば、「超巨大」壁面作り付け本棚、という位のサイズになると思います。
で、内部を逆から見てみるとこんな感じになってます(手前側には本当は壁があるんですが、透明にしてあります)。
図面上、箱の内部の天井高は2.2mありますので、まあ「若干天井が低めの」普通のお部屋、という感じでしょう。
程よくこじんまりとした感じで、周囲から閉ざされた空間でもありますし、寝室として用いるのにちょうど良いエリアになっていると思います。
前回「いつか子供たちが大きくなったらロフトを作りこんで子供部屋を…」という話を書いてみたんですが、思い切ってこの「箱」を作ってしまうというのもありかもしれません。
そもそものイメージとして、仮にロフトを新しく作るならば、今ある吹き抜けのエリアを改装して作るかな、と考えていたので、思い切ってそこにこの箱を作ってしまう、というプランならば行けそうな気もします。
僕の家には、5m×5mものサイズのものを作れるような空きスペースはちょっと無いんですけれど、4m×3m位のサイズならば作れそうです。
で、「箱」の上にベッドルームを一つ、下(内部)にベッドルームをもう一つ+二人共用の子供部屋兼勉強部屋を作る、というプランはどうかな、と。
セットで巨大本棚も作れてしまうところも魅力的ですね。
単にロフトを作るよりも更に手間はかかってしまいそうではありますが、思い切って屋内に躯体的なものを作ってしまうことで、空間全体としてはかなり利用効率が上がりそうな(無駄が省けそうな)気もしますし。
2段ベッドにするか、ロフトにするか、「箱」を作るか、選択肢がどんどん広がって、考えをまとめるのが難しそうです。
何にせよ、向こう1年以内くらいには決定して実行することになると思いますので、そのときにはまた、「こうしたよ」というご報告をさせていただきたいと思います。
Photo #1-3 via freshhome , #4-7©juutakudesign.com

二段ベッドとロフト収納と耐震



今までにも何度か触れたことがある話題なんですが、僕のウチ、「三階建ての一戸建てにもかかわらず2LDK」なんです。

で、ウチには子どもが二人おりまして、とりあえず今のところまだ個室を要求するほどの年齢までは育ってないんですが、いつかは必ず破綻を迎えることが決定的となっております…。
で、ちょくちょく考えているのが、「とりあえず何にせよ二段ベッドかな」と。
以前にもご紹介したMarc NewsonがデザインしたMagisのBunkyという二段ベッド、ヨーロッパではとうとう発売されたみたいですね。
色も、青系と、
オレンジ系もあります。
欲しいです。
欲しいですが…。”1,450ユーロ”とか書いてありましたが、僕の掛け算間違いでなければ、14万5千円という事でしょうか…。
微妙ですね…。
Magisの家具ですので、きっと高いだろうとは思ってましたし、この位の値段だろうという予想もしていました。
しかし、二段ベッドが15万円近くもするとは…。
でも、この二段ベッド、上下で分割できますので、子供たちが別々の部屋にわかれるようになっても使えますし、テクニカルシートでスペックをみる限り、サイズは縦191cm×横101cm×高さ142.5cmということですので、結構大きくなってから、高校生、大学生くらいまででも使えそうな気がします(今どきの子は普通に180cmとかを越えてしまうのかもしれませんが)。
そう考えると、デザイン的に気に入っていて、長く使えて、というものに対して15万円位払っても良いかな?という気がしないでも無いですけれど。
Bunkyが本当に日本で入手できるかどうかイマイチ不明だったもので、他にも色々と二段ベッドを漁ってたんです。
そもそもサイズが不明だったので、長く使えるかどうかもわからず、その上しかも値段が高い位だったら、ホームセンターで5万円位の二段ベッドでも買うかな?とか考えていたんですが…。
でも、実際に色々な二段ベッドを見ていてどうしても踏ん切りがつかなかったのが、「耐震」問題だったんですよね…。
震度7とかの地震が来たときに、二段ベッド自体が倒れないか、というのも非常に気になりましたし、仮にベッドが倒れなくても、上段から振り落とされたりしたら大怪我をするんじゃないか、とか、そういったことも気になりまして…。
そういった意味でも、高さ1.4m程度のこのベッドはちょっと魅力的です。
形状的にも結構重心が低く、安定感もありそうですし。
スペース的な問題が顕在化してくるまでは(つまり、子供たちが小学校高学年位になるまでは)ベッドを分割して列べて置いてもいい気もしますし。
Bunkyは有力な候補として残しておこうかなと思います。
で、なんで唐突にBunkyのことを思い出して調べ直したかといいますと、実は、こんな写真を見つけてしまいまして、それで自分の家の二段ベッド問題のことを思い出したわけでして…。
結構色々な二段ベッドをみたんですけれど、先程も書いたように、耐震面での不安を拭い去りきれなかったんです。
で、そこでこの写真を見て思ったんですけれど、だったら既成品の二段ベッドを買ってきて何とかしようとするんじゃなくて、DIYでロフトを作りこんで、そこに子供たちのベッドスペースを作ってしまうんでも良いかな、と。
これだったら、しっかりと作れば耐震面での問題もありませんし、上まである高い柵をつければ、揺れて落下することもありません。
ベッドの下も、小さいですけれど、子供部屋といいますか、子供の勉強机を置いておく位のエリアとしては使えそうな気がしますし。
で、2段ベッドとして使うことがなくなったら、ロフト収納として使えばいいのかな、と。
確かに既成品の二段ベッドを買ってくるよりは、手間は多少かかるかもしれません。
でも、きっと満足度の高いものが作れる気がするんですよね。
自分でDIYするのが難しそうならば、工務店さんに頼んでも良いかもしれませんね。
以前、駐車場の上にこの写真のベッドよりもはるかに立派な感じの棚を作ってもらったことがあるんですが、それでも10万円位で作れましたので、そう考えると、恐らく10万円でお釣りが来るくらいで作れるのでは無いかと思います。
ウチに二段ベッドが必須になるのが、あと1年以内位の話だと思ってますので、それまで、Bunkyを買うのか、DIYでロフトベッドを作るのか、じっくりと悩みたいと思います。
Photo #1-2 via http://www.magisdesign.com , #3-4 ©suzettesuzette