クリスチャニアのガラスの家



デンマーク コペンハーゲンのヒッピー自治コミュニティ、クリスチャニアにあるガラスの家です。

日本で家を建てよう、という人にどの位参考になるのかわかりませんが、ま、良い感じだったので。
強度とか気密性とか、そういったものは全然考慮されていないと思いますね。家の躯体は、ほぼ全てガラス窓で作られていて、家全体が巨大なサンルームみたいな感じなのでしょうか。
家の中に太陽の光が燦々と降り注いで、家の中のどこにいても、屋外か日当りの良い南向きの軒下に居る様な感じでしょう。きっと気持ちがいいと思います。
(家に限らず)こういったものを目にしたときによく思う事があります。「何かを得る替わりに何かを失っている」のではなく、「何かを失ったとしても、必ず何かが得られている」という、ポジティブな考え方というのが、幸せな人生の為には何よりも重要なのではないかと。
このおんぼろグラスハウスでしか得られない「もの」も「経験」も、沢山あるのではないかと思いますね。
Photo ©seier+seier

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>