目の覚めるようなグリーンの寝室



このブログでは常にテキトーなことばかり書いていますし、大抵のものは肯定的/前向きに捉える様に、意識的にそうしている面もあります。

しかし敢えて言わせていただきましょう。
NGだと思います…。
大事なことだと思うので、ちょっとフォントを大きくしてもう一度書かせて頂きますと、
このベッドルームはNGだと思います。
このお部屋に住んでいる方はアーティストなんだそうで、ココは創作活動もするアトリエもかねていて、それはそれでOKなパターンなのかなとも思います。
別にそういったケースは否定しませんが、単純に1つのベッドルームとしてこのベッドルームを見た場合には「ひねり」が足り無いかなと。
ココで言う「ひねり」とは「思慮の深さ」の様な意味での「ひねり」です。
「ひねり」は必ずしも必要なものではありません。
例えばこのおウチにお住まいの方は、別に「ひねり」を必要としてないんだと思うんです。
だからこの部屋で寝泊まりしているわけですし。
別の言葉に変えて言わせていただくならば、「一般的な寝室の内装としてはあまりに汎用性が低い」と言いましょうか…。
普通の方がこういったものにチャレンジするならば、その挑戦度合に応じた相応の「何か」もセットで必要だと思うんですよね。
「コレでもオッケー!」という方も確かにいるでしょうが、「コレではダメよ…」という方もそれ以上に沢山いるのでは無いかと思います。
色の組み合わせは良いです。
目の覚めるようなグリーンの壁に、目の覚めるようなマゼンダの椅子という組み合わせ、テンションが上がって良いですよね。
でも寝室ですからね…。
何も無くご飯を食べて明日に備えて寝る火曜日の夜も、ほろ酔い気分で帰ってきた水曜日の夜も、明日からの旅行が楽しみで寝付けない金曜日の夜も、遊び過ぎでクタクタの時も、仕事でヘロヘロの時も、親しいあの人が泊まりに来た時も、どんな時でもココで寝てココで起きるわけですから、「幅広いレンジを持つアタシの状態」を海の様に広い懐で受け止めてくれる様な存在であって欲しいわけです(「寝室にそんなもの求めてねーぜ!」という方は読み飛ばしてください)。
やっぱり無難に行くなら白かなと思うんですよね。
冒険するにしても黄色系やライムグリーン程度までに留めておくか、緑、青、赤方面に冒険する際にはうすーい色とかパステル調の色を検討したほうがいいと思いますね。
僕はこんな風なのが良いと思いますよ。
この寝室に「ひねり」があるのかと聞かれれば、「ある」と答えると思います。
Photo #1©yvestown , #2©MAZZALIARMADI.IT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>