【開放的過ぎ】坂の上の、壁の無いガラス張りの家



こちらのお宅、あまりに開放的過ぎるんですけれど…。

全面ガラス張りの開放的な狭小住宅

見ての通り、2階と3階の壁は全面ガラス張り。1階は駐車場です。

 

2階と3階はベッドルーム。

こちらは3階。

狭小住宅の3階のガラス張りの開放的なベッドルーム

ベッドルームというより、これはもうサンルームとかテラスという表現の方が近いような…。

遠くに見えるのはサンフランシスコ湾です。ゴールデンゲートブリッジも見えるそうで。

ここからの夜景、もう最高でしょうね〜。

 

3階のベッドルームに隣接するバスルーム。

ベッドルームに隣接するバスルーム

フロア内にも普通の壁は無くて、仕切りはほとんど全てがガラスだったりして。

 

屋上がまた素晴らしく良い感じでして…。

屋上と言いますか、日本的感覚ではこれは4階な気もしますが(原文では「3階建て」とあったので、一応3階建ての建物の屋上、という位置付けのようですけど)。

狭小住宅の屋上の屋外ダイニング

リビング・ダイニング・キッチン+空中庭園、という感じでしょうか。

この写真だけ見たら、どこかのお宅の1階のテラスにしか思えないと思うんですけど…。

狭小住宅の屋上の屋外ダイニングキッチン

 

逆側(道路側)にも、最高に気持の良さそうなテラスが作ってあったりして。

狭小住宅の屋上のテラス

 

ここまで思い切って開放的な作りにできるのは、アメリカ西海岸の、一年を通じて湿度が低く、しかも冬でも比較的温暖、という素晴らしい気候あってのことなんだとは思いますけれど、自宅がこんな素晴らしい作りをしてたら、休日はずっと家に居ても良いくらいですね。

 

ちなみにこちらのお宅、原文の中では、「わずか1,800スクエアフィートの狭小住宅」とか説明されていたので、「ふむふむ、狭小住宅なの…ね…?」と思って見てたんですが、1,800スクエアフィートって、坪換算で約49坪…。しかも、右隣の椰子が生えている植え込みもこのお宅の土地のようですが、この数字にはどう見てもそこが含まれているようには思えない…。

ということは、「100坪くらいの土地に建坪50坪弱の4階建ての洒落洒落ビルを建てて、毎日サンフランシスコの街並みを見下ろしながら暮らしてます」みたいな話なわけで、一体これのどこが狭小住宅なのかなと…。

( via CONTEMPORIST )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>