【屋外なのに超快適】パノラマビューのルーフバルコニー



こちらのお宅の最上階のリビング・ダイニング・キッチン、最高に素敵なんですけど…。

ルーフバルコニーとサンフランシスコの夜景

 

東西に細長く伸びたフロアは、キッチンを中心として、東側がダイニング。

ルーフバルコニー付きの細長いダイニング・キッチン

 

西側にリビング。

両端に開放的なルーフテラスのある細長いリビング・ダイニング・キッチン

 

そして、フロアの両端には、どちらにもそれぞれ、超開放的なルーフバルコニーが付いてます。

ダイニング側のバルコニーは、3〜4畳くらいのちょっとコンパクト目なスペース。そこに本格的なバーベキューグリルを置いちゃたりして。

バーベキューグリルの置かれたダイニング脇のルーフバルコニー

週末は毎週ここでバーベキュー大会です。

 

逆側、リビング側のバルコニーは、かなり広々としたスペース。

ガラス張りの開放的なルーフバルコニーのあるリビング

バルコニー部分だけでも、見た感じ10畳くらいは優にありそうな気がしますけれど、リビング側も、バルコニーに面した壁と、更に両脇の壁まで全面ガラス窓にしてあるので、リビングスペースまで含めてバルコニーと一体化した屋外空間っぽくなってくれてますね〜。

 

バルコニーの周囲の壁もガラス張り。

焚き火台のあるガラス張りの屋外ダイニングからの夜景

開放感抜群のパノラマビューでサンフランシスコの夜景を楽しめちゃいます。

 

このバルコニー、周囲はガラスで囲まれてるんですが、上には特に屋根などは作られてません。そのかわり、2m程度の間隔でしっかりとしたフレームが渡してありまして、必要に応じて簡単にオーニングを出せるようになってるんです。

これは良いですね〜。

真夏の日差しが激しい日や雨の日なんかでも、オーニングがあれば気にせずにバルコニーに出られますし、なによりも、周囲を覆うガラスの壁とほとんど隙間無くオーニングが張れる作りになっていますので、オーニングを閉じてしまえば、バルコニーであるにもかかわらず、屋内と同じくクーラーや暖房をきかせた空間として過ごすことまでできちゃうわけです。

 

流石にこのお宅は、そのまま真似するにはちょっと贅沢過ぎな気もしますけれど、この「ガラス張りの壁+隙間無く張られたオーニングの屋根」の組み合わせだけでも、真似してみる価値が十分にあるのではないかと。

これから家を建てる予定で、自宅にルーフバルコニーを作りたいな、とお考えの方、検討してみてはいかがでしょうか?

( via Home Adore )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>